Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ダリ

忙しい振りをしている今日この頃・・・

彼のような自由な発想が欲しい・・・!

dali.jpg

さあ、頑張ろう!
スポンサーサイト
category
未分類

地震前の動物の異常行動

へぇ~、と思える記事があったので、とりあえずメモ的に残してみます。

「地震前の「動物の異常行動」が遂に解明! 地震の8日前にネズミは姿を消す!?」

昔からナマズやネズミなどが不穏な動きを見せるのは地震が起る兆候だという話はまことしやかに伝えられている。これはある種の動物だけが持つ神秘的な予知能力なのか? あるいは人間には感知できない自然環境の変異に対する反応なのか? ――地震前に見せる動物たちの行動に今回、世界で初めて科学者のメスが入った。

■地震の8日前にネズミの姿が消えた!

 英アングリア・ラスキン大学のレイチェル・グラント博士、SETIのフリードマン・フロインド教授、ブラジルの地震研究機関(CRAAM)のジャン・ピエール・ロウリン教授らの研究チームが先頃「Physics and Chemistry of the Earth」に発表した論文は、大地震の前に起った動物たちの行動の変化を解説している。

 分析の対象となったのは、南米・ペルーの「ヤナチャガ・チェミレン国立公園」の各所に設置された動体検知カメラ(motion-triggered camera)が2011年に記録した貴重な映像の数々である。

 2011年の8月24日にペルーのコンタマナでマグニチュード7.0の大きな地震が起っており、その地震の前にこのチェミレン国立公園の動物(鳥類を含む)たちが普段とは違う行動をとっていたことが、これらの映像を分析することにより判明したのだ。

 動物たちの動きに最大の変化が見られたのが、地震の日から23日前の8月1日だったという。この日は自然公園内の動物たちの慌しく移動する姿がそれぞれのカメラに5件から15件ほど記録されたということだ。

 次に動物たちが活発に動く姿が確認されたのは地震の8日前の8月16日で、なんとこの日を境に地震後もしばらくは山ネズミなどのげっ歯動物は付近から完全に姿を消してしまったという。この2つの"大移動日"の間(8月2日から15日)は、不思議なことにそれほど動物たちの移動は活発ではなく、この期間中に各カメラが捉えた動物の姿は5件以下程度であったということだ。

 そして驚くべきは、地震の直前の1週間の間はカメラに検知される動物の姿は激減し、7日間のうち5日間はどのカメラにもまったく動物の姿が収められていなかったという。これはいったい何を意味しているのか......。

■"大移動"の引き金は「セロトニン症候群」だった!? 

 これらの動物たちの映像を分析する一方で、研究チームは震源地の周囲で記録されたVLF(超低周波)電波データも解析し、動物たちの行動と関連づける試みを行なった。

 当時のVLF電波のデータを調べていくうちに、地震の2週間前から空中のイオンと自由電子(free electrons)の増加が認められ電波に影響を及ぼしていたことから、現地上空のイオン圏に乱れが生じていたことが突き止められたのだ。イオン層に特に大きな乱れが生じていたのが地震の8日前の8月16日で、これは動物たちの2番目の"大移動日"と重なるのだ。

 地球を覆う成層圏の上部にあるイオン層の乱れはそもそもどうして起るのか? それは地震の前に起る地殻変動で地表から大量に放出される陽イオン(positive ions)に起因すると考えられている。そして大気中に増えた陽イオンは人間を含め動物たちに多大なストレスを与えて異常な行動へと駆り立てるということだ。

 その典型が「セロトニン症候群(serotonin syndrome)」と呼ばれるもので、陽イオンの影響で血中で増加したセロトニンにより、落ち着きを失う、興奮する、じっとしていられない、思考と行動が混乱するなどの症状が現れるということだ。そしてこの症状が、動物たちの"大移動"の説明になると研究チームは解釈している。また、起伏に富む国立公園内の標高900m付近に設置されていた動体検知カメラから動物たちの姿が消えたのは、動物たちが陽イオンの濃度が薄い低地へ移動したためであるということだ。地震前の動物たちの異常な行動は決して神秘的な"予知能力"ではなかったということが、今回の研究から導き出されるかたちとなった。

■短期地震予測に大きな希望

 もちろん陽イオンによるセロトニン症候群は人間にも起りうるのだが、残念ながらやはり人間は感受性がかなり鈍っているのか、若干の体長の異変に気づいたとしてもそれが地震の前兆であるとは思えないだろう。そもそもほとんどの人間は社会生活を送っているため、急な"大移動"も極めて難しい。

 その点、動物たちは異変に気づけば躊躇なく"大移動"することが確認されたことになる。「(ネズミなどの)げっ歯類は"超高感度"な生物なんです」と研究チームのグランド教授は「Daily Mail」の取材で言及している。そしてネズミの行動を地震予測の指標にするという昔からの知見は正しいことが証明されることにもなった。

 研究はこの後、地震前に起きる動物たちの行動をより詳細に分析し、実際の短期地震予測に応用できる可能性を追求する段階に進むということだ。当たらないことで有名な(!?)地震学による地震予測だが、全く別の分野から地震を予測できる可能性が見えてきたのは社会にとって大きな希望になることは確かだ。
~原文そのまま抜粋~

News from TOCANA Apr.6.2015

なるほど~、面白い!
昔、地震はナマズよりもウナギの方が敏感!って記事を読んだ事あるのですが、成る程、セロトニンが関わっていたとは知らなかったです。
因みに、最近はナマズをルアーで釣るのも流行っているそうです(笑)!
category
未分類

明智光秀

「明智光秀」って言えば、思い浮かべるのは「本能寺の変」ではないでしょうか。

Akechi_Mituhide.jpg
有名な「明智光秀」の肖像画

でも、明智光秀の子孫がこんな事を言ったそうです。

「本能寺の変」真相を明智光秀の子孫が解説 「日本中が秀吉に騙されている」

29日放送の「ゴロウ・デラックス」(TBS系)に明智光秀の子孫で作家の明智憲三郎氏が出演し、本能寺の変の「真相」を語った。

この日、ゲストとして出演した明智氏は、もともと三菱電機でシステムエンジニアをしていたが、50年にわたり独自に本能寺の変を調べてきたという。

明智氏は、信長を暗殺したとされる明智光秀の子孫ということで、自分を「明智」と紹介するのも「辛くて辛くてしょうがない時代」を送ったが、光秀が恨みつらみで殺した通説を「本当だろうか」と不思議に思い、真実が知りたい一心で光秀について調べつづけたのだという。

本能寺の変については、光秀が信長の厳しい仕打ちを恨んでいたため、本能寺の警戒が薄かったことにつけ込んで暗殺した、とするのが現在での通説となっている。

しかし、番組では、通説とはまったく異なる明智氏が主張する本能寺の変の「真実」が明智氏の著書「本能寺の変431年目の真実」にもとづいて紹介された。

明智氏の主張では、信長はかねてより徳川家康を危険人物と見なしていた。そして、信長が家康を本能寺におびき寄せてから暗殺するよう、光秀に命じていたのだという。

というのも、本能寺の変の当時、家康は本能寺に向かって上洛している最中であったとの記録が残っており、また、光秀の家臣が記した記録にも本能寺に行くのは家康を討ちに行くのかと思っていたとの記載がある。

しかし、「イエズス会日本年報」には信長が中国を征服するという野望を持っていたとの記録がある。光秀が中国への侵攻を命ぜられれば、最悪の場合、明智一族が滅亡してしまうことも考えられる。明智氏は、光秀は中国行きとなるか、謀反を起こすかのどちらかを選ばざるをえない状況だったと指摘した。

そして、そうした危機を感じた光秀は、信長が家康を討とうとしていることを家康本人に伝え、光秀は家康と信長を暗殺することで協力関係を結んだのではないかと説明した。

またスペインの貿易商人アビラ・ヒロンが記した「日本王国記」に、信長が本能寺での最後の言葉は「わしは自ら死を招いた」と書かれていることも、明智氏の説の正しさを証明しているという。つまり、自ら仕掛けた家康の暗殺計画によって信長自身が暗殺されたということだ。

また、本能寺の変を予想していた秀吉は「中国大返し」で長距離を短時間で移動し、山崎の戦いで光秀を討っている。その後、秀吉は自らの正当性を主張すべく、「光秀が恨んで信長を殺した」と、本能寺の変のわずか4か月後に歴史書を書かせた。秀吉は信長を裏切った光秀を成敗した武将として、権力者の地位に収まったのだ。

これについて、明智氏は「日本中が430年前の秀吉に騙されている」と述べた。

明智氏の説明を受けた外山恵理アナウンサーは秀吉について「嫌なやつ」とひと言。ドラマ「信長のシェフ」で明智光秀役を演じている稲垣吾郎も光秀に思い入れがあるようで、終始「へえ」「はあ」と驚きを隠せない様子だった。

なお、明智氏は10年ほど前から信長の子孫である織田家の人との付き合いがあると語っている。

~原文そのまま抜粋~

2014.Aug.30 news from livedoor topic news

結構、面白いです。
個人的に「明智光秀」は興味があるので(信長の野望で家臣として大活躍してくれたので(笑))、チョコチョコ調べていたんですね。すると大変面白いHPがあるのを以前から発見してました。現在はこのサイト何故か無いのですが、記事は残っているのでそのURLを貼ってみます。

http://www.geocities.jp/syutendoji28110/mitsuhide072.htm
この「本城惣右衛門覚書」は今までの「本能寺の変」とは大きく違います!
最初、このHPを見たときは「おぉぉぉ~!」って感じになりました(笑)。
HPの「Next」をクリックしていけば、光秀の謎に迫ることが出来る秀逸のHPです!
「天海大僧正」や「埋蔵金伝説」や「光秀生存説」と個人的には面白い!

釣りをやらないと・・・歴史に惹かれます(笑)!
category
未分類

ガラパゴスゾウガメ 「伝道者 ぺぺ」

ガラパゴス諸島には興味があります。
今日はガラパゴスに関連する記事をUpしたいと思います。

「ガラパゴス諸島の名物ゾウガメ「伝道者ペペ」、60歳で死す」

エクアドルのガラパゴス諸島(Galapagos Islands)で最もひんぱんに撮影された野生動物の一つとして有名になったゾウガメ「伝道者ペペ(Pepe the Missionary)」が、60歳で死んだ。関係者らが22日明らかにした。

img_f7439f.jpg

ガラパゴス国立公園(Galapagos National Park)の生態系担当幹部のビクトル・カリオン(Victor Carrion)氏は、インタープリテーション・センターの柵内に生息していたペペは老衰で死亡したと語った。

 また、同国立公園理事長のアルトゥロ・イスリエタ(Arturo Izurieta)氏は短文投稿サイトのツィッター(Twitter)に「60年生きた伝道者ペペは、わたしたちの記憶に永遠に残るだろう」と投稿。その上でペペと同じ種のゾウガメに絶滅の危機はないと述べ、自然保護に取り組んでいる人々を安心させた。

 ペペは、イサベラ(Isabela)島のウォルフ火山(Wolf Volcano)原産のベックゾウガメ(Chelonoidis becki)。原産地の現在の生息数は約2000頭とされる。

 ペペは1940年代にサンクリストバル(San Cristobal)島で、ある一家によって保護された。最初に地元の漁師から「ペペ」と名付けられ、その後1967年同島のフランスシスコ会修道士らの手に渡り、名前が「修道士ペペ」と長くなった。修道士らのマスコットとなり、村のペットとして愛されたペペは、修道士らのもとを訪れる人々によって何度も写真に撮影されたり、えさをもらったりしていた。

 修道士らは2012年にペペをガラパゴス国立公園に引き渡した。この年、同国立公園ではガラパゴスゾウガメの亜種ピンタゾウガメ(Geochelone nigra abingdoni)の最後の一匹として有名だった「ロンサム・ジョージ(Lonesome George、独りぼっちのジョージ)」が死んだ。

 ガラパゴス諸島は、その独自の動植物が、進化論を提唱したチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)によって研究されたことで知られる。

~原文そのまま抜粋~
.2014.Aug.24 News from AFPBB News

「ロンサム・ジョージ」が有名だったのですが、「ペペ」も実は有名だったのでした。
記事では「60歳で死す」と書いているので、60歳だったんだぁ~、って思われるかもしれませんが、多分なのですが、
「保護されてから60年目」に亡くなったのでは?って思います。

それは、さて置き、何か考えさせられる話題だなぁ~って思いました。
category
未分類

もうすぐ・・・20000hit!

うあ!気が付いたら・・・・・

もう直ぐ、20000hitに達しそうです(笑)!

このブログ立ち上げてから、遅いのか、いやマイナーにしては速いのか(笑)!?

足を運んでくれた、皆様のおかげです。

有難うございます!
category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。