Entry Navigation

GACKT、パリのホテルで人種差別に遭う?

GACKTとが体験した、この話は興味深いです。

「GACKT、パリのホテルで人種差別に遭う?」

ミュージシャンのGACKTさん(41)が2015年3月30日、パリのホテルビュッフェで露骨な人種差別に遭った、と「ブログマガジン」で明かした。
着席を拒否された席に白人が次々座っていく。気が付くとGACKTさんの周りは、ほぼ中国人と韓国人でパンパン、というあからさまなやり方だった。

■自分の周りは「ボクをのぞくとほぼ中国人と韓国人でパンパン」

 29日夜、パリにある空港近くのホテルで1泊したGACKTさん。翌朝、朝食を取ろうと1人でホテル内のビュッフェに入った。

 自分以外に客はいなかったため入り口近くの席に座ろうとすると、慌てた様子で駆け付けた店員に奥の席へ座るよう促されたという。「ここに座るな…みたいな感じ」「外の景色が見たかったボクからしたら入り口の景色が見える席が良かったな…とは思ったんだけれどな」と振り返る。

 促されるままに奥の席へ座った後、白人客がやってきた。彼らはGACKTさんが着席を拒否された席に次々座っていく。

 「あれ? あの席…駄目だったんじゃなかったっけな…」と不快感をにじませながらもここは静観することに。

 次にアジア人客がやってきた。この後、GACKTさんは店員の取った行動に仰天する。

 なんと、店員は入り口近くの席に座ろうとした彼らに、自分を指さしながら「そこには座るな、こっちに座れと指示をしてる」。

 そして、10分も経たないうちに入ってきた中国人の団体客は「全員がことごとく、奥の席に無理矢理通されて所狭しとドンドン座っていって」、気がつけば自分の周りは「ボクを覗くとほぼ中国人と韓国人でパンパンになった」「もう座席は一杯だ。相席もほぼ出来ない」(原文ママ)という。

 アジア人で埋め尽くされたGACKTさん近くの席だが、店員は次に入ってきたアジア人客に、なおも「向こうに座れ」と注意したのだという。

 GACKTさんはそんな状況を「ものすごく分かり易い差別だよ。まあ、彼らからしたら差別も区別も大した差はないんだろうが」と分析する。

 「むかし、南アフリカのアパルトヘイトやアメリカの奴隷制度があった時代に黒人が入れないBARや店が多々あったり、電車の車両も空いてる白人車両と、ダダ混みの黒人車両の映像を映画では何度も見ていたし、知識としてはもちろん、知っていた」が、「まさか、自分がこんな風にあからさまに差別を受けるとは思っても見なかった」「どの国に行っても、アジア人は未だに差別を受けることがある。昔、20年前にフランスに来た頃はその差別も本当に酷かった。アジア人に対する扱いがあからさまに酷かった。ここ最近になってマシにはなってきていたが。こんな風に未だに残ってるんだな…と思うと笑いが止まらなくてな」と驚きを隠せない様子で綴っている。

いったん店を出て、着席拒否された入り口近くの席に再度座ると

 しかし、じっくり静観しているだけのGACKTさんではなかった。いったん店を出て、着席を拒否された入り口近くの席に再度座った。

 すると店員がやってきて先ほどと同じように奥の席へ座るよう注意を促した。

 ここで「なんでだ? 分かり易いように説明してくれ」とフランス語で質問したのだという。口ごもる店員を「大きい声で、わかりやすく言ってくれ」と問い詰めると、「諦めたのか向こうに行って他の店員となにやらボクを見ながら話していた」という。

 GACKTさんは「彼らには彼らの言い分があるんだろう」と店員の行動に一定の理解を示しつつ、「ボクだってマナーのない中国人の団体客を見ると、ガッカリすることだって多い」「空港のエレベーターを待ってると、中国人の団体客は並んでいることなんて全く無視して、扉が開いた瞬間に我先にと飛び込んでくるヤツも多い」と中国人観光客のマナーの悪さにも言及した。日本人に対しても「マナーのないヤツが多いだろ?国の問題じゃない」とクギを刺した。

 最後に、

  「もちろん、差別や区別が良いとは思わない。でもな、世の中はいつも差別する側に問題の焦点を当てることが多いが、される側にもそれ相応の問題が必ず存在するってことをみんな解ってるはずなのに触れないだろ?それじゃ、根本的に何も解決しないんだよ」

と冷静に分析して見せた。 ~原文そのまま抜粋~

Mar.31.2015 News from J-Cast

いや、よく書いてくれたなぁ~ってのが正直な感想でした。
アメリカで生活してた時も、時々僕も体験したことがありました。
ヨーロッパでは空港で1回だけ受けた事があります。
当然、その時は毅然と立ち振る舞いました。するとGACKTが体験した様な雰囲気になりましたね。

GACKT、チャラチャラしてそうなイメージがあったけど、意外な一面があり見直しました(笑)!
スポンサーサイト
category
旅・旅・旅!

ヨーロッパのネコ

マイナー一直線のブログですが(苦笑)、尋ねて下さる方のジャンルは大変様々です!
本当に有難う御座います!

その中で、少し意外なのが「ネコ」関連のブログの方々の割合が多いです!

釣り ⇒ 魚 ⇒ ネコのエサ

と単純な構図が僕の中では成り立つのですが(笑)、でもジャンルは越えて嬉しいばかりです!

そんな訳で、僕も旅で撮った「ヨーロッパのネコ」を今回はUpします!

eucat.jpg

最初に見たときには・・・
「これは・・・血統ネコでは・・・!?」

って思ったのですが、現地の方々に聞くと「雑種だよ。珍しくないよ。」
ってあっさり言われて、少々残念だったのですが(笑)、でも日本には中々いないタイプでは!?

と思い写しました(笑)!
もしも、この手のタイプが日本に居たら、笑って許してください(笑)!
この写真じゃ余り分からないのですが、模様が日本のネコと違うんですよ。
でも「血統」じゃなくて「雑種」
不思議です・・・!
category
旅・旅・旅!

ダイ・ハード

色んなことが起こる海外。
昨日は「ダイ・ハード」みたいな事が南アフリカで起こりました!

「Jet wing strikes building at Johannesburg airport」

131222-south-africa-620p_photoblog600.jpg

A jetliner's wing sliced through a building Sunday night at the airport in Johannesburg, South Africa, just as the plane was about to take off.

No one appeared injured on board the British Airways flight, which was headed for London, said Harriet Tolputt, a spokeswoman for the international aid agency Oxfam, who was on the flight.

Tolputt told NBC News that the plane was taxiing when she heard very loud crash and saw the wing hit the building on the edge of the runway at O.R. Tambo International Airport.

British Airways confirmed that there was an incident and that the plane was damaged. The 189 passengers disembarked safely, it told NBC News. A spokeswoman for the airport told NBC News they were being put up in hotels overnight.

It wasn't immediately clear whether anyone was in the building, but the spokeswoman noted that the incident occurred in the middle of the night.

Dec22.2013 news from NBC

~原文そのまま抜粋~

詳しい事故の時刻は書いてないので分かりませんが、乗客189人の方に別状はなかったようです。
このアパートの方のことも余り書いてないのでどうなってる事でしょうか?

でも、こんな映画みたいな事が実際にあるんだなぁ~って思いました。

飛行機で旅するときには気をつけなくては!
って思いますが、こればっかりは自分だけではどうする事も出来ないのも事実・・・。

この飛行機に若しも搭乗していたら・・・冷や汗ものだったと思います・・・!
category
旅・旅・旅!

Back streets of Tokyo

51REAMHCH0L__SL500_AA300_.jpg
Back Streets of Tokyo

爆弾低気圧が日本列島を縦断する前に福岡から東京に戻って来ました。

今回は色んなところに行けた半面、最初の目的だった釣りが出来ずに無念でした・・・。
まあ、旅には色んな事があるから面白いのです。

色んな写真撮ったので徐々にUpしていこうかなぁ~って思っています。

ハプニングが多発した今回の旅行ですが面白かったです・・・!
category
旅・旅・旅!

白夜ではないけど

ポーランドでの不思議な体験として上げられるのは、陽が沈んでも何故だか明るいことです。
それがこの写真です。

P7240135_convert_20080730000735[1]

この写真を撮った時間は午後10時30分を軽く回っていました。
辺り一面に霧が出てきて幻想的な光景だったので、とりあえず数枚撮った中の1枚です。

時差とこの明るさで意外と1週間近く慣れるまでに要しました(笑)!
他の事が忙しくて釣りに行けない毎日・・・!

でも今週は頑張って行く予定です。
明日はフィッシングショップに買出しだ~!
category
旅・旅・旅!