Entry Navigation

グッバイ レーニン

2003年公開映画です。
51TJ6XZNDDL__SS500_.jpg

考えさせられるけど笑える映画でもあります。

時は1989年、東ドイツの首都ベルリンで暮らす主人公のアレックスとその家族の物語。主人公の母は夫が西ドイツに亡命して以来、熱烈に社会主義に傾倒していきます。
しかし1989年10月7日の夜に主人公は母に内緒で反体制デモに参加しますが、その場を偶然にも目撃した母はショックで心臓発作を起こして倒れ、昏睡状態になります。

そして時は流れ8ヵ月後、奇跡的にも主人公の母は目覚めますが、そこには「東ドイツ」は消え去っています(笑)。ベルリンの壁も無くなり、東西ドイツの統一も時間の問題。母にもう1度ショックを与えると医者からは厳禁されます。そして、母の周りにも徐々に忍び寄る西側の影。
主人公の奮闘が始まります(笑)!

この主人公の悪戦苦闘ぶりには本当に笑えるもチョット考えさせる映画の作りになっています。

で、驚いた事にこの映画を見た今年、凄い記事が世界中を駆け巡りました!!


「19年昏睡状態の男性目覚める 」*記事原文そのまま*
ポーランドで1988年に事故に遭い、昏睡状態に陥っていた男性が、19年ぶりに目を覚ましました。共産主義時代のポーランドで鉄道員だったグジェプスキさん(65)は、1988年に列車にはねられ、昏睡状態となりました。事故後、医師からも余命2、3年との宣告を受けていましたが、妻の19年間休まずの献身的な看護が実り、今年4月、奇跡的に意識が回復したということです。「政治が面白い。半日、ずっと政治家の話を聞いていることもあります」(グジェプスキさん)「みな携帯電話を持ち、店には品物があふれている」と、共産主義政権時代とはすっかり変わってしまった社会に驚きながらも、「共産主義後」の政治家の話に興味津々ということです。グジェプスキさんには4人の子どもがいますが、今は全員が結婚していて、11人の孫に恵まれています。
「ポーランドの男性が19年ぶりに昏睡状態から目覚めた」
 鉄道員のJan Grzebskiさん(65)が電車と接触し昏睡状態におちいったのは1988年。「みんな携帯電話を持って歩いているは、店にはいろんな商品があふれているはで目が回りそうだよ。」とGrzebskiさんはTV局の取材に答えた。
 Grzebskiさんは生きながらえたのは世話をしてくれた妻のGertrudaさんのおかげだという。医師は事故の後、Grzebskiさんは2、3年しか生きられないだろうと語っていた。「命を救ってくれたのはGertrudaだよ。このことは決して忘れないよ。」GrzebskiさんはTV局のTVN24に対して語った。Gertrudaさんは床ずれができないように1時間ごとに夫の体を動かしたという。
 「たくさん泣いて、たくさん祈りました。」GertrudaさんはPolsatテレビジョンに語っている。「見舞いにくる人皆から『彼はいつ亡くなるの』と聞かれました。でも夫は亡くなりませんでした。」

 Grzebskiさんが事故にあった当時ポーランドは共産党最後のリーダー、ヤルゼルスキ体制下にあった。「私が昏睡におちた頃は店にはお茶と酢くらいしか置いてなかった。肉は配給制でガソリンを求める長い行列ができていた。」 次の年の選挙でポーランドには東ヨーロッパ初の非共産党の政府が樹立され、1999年にはNATOに加盟、2004年にはEUに加盟している。「今驚いているのは皆携帯を持ってずっとしゃべりつづけていることだね。」と彼は語った。 (BBC NEWS)

事実は小説・映画より奇なり!ですね(笑)。
スポンサーサイト
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

バーブレスフック

管理釣り場では針に「返し」の無い「バーブレスフック」を使用します。
c12bred.gif
こんな感じの針です。

食べるために持ち帰る以外の魚は基本的には、そのまま川や池に戻してあげるのが普通なのでこの「返し」がない針「バーブレスフック」を使用して魚に与えるダメージを減らします。

「バーブレスフック」は他にも利点があって、魚のフッキング率を上げる作用もあります。言い換えれば魚がバイトしやすいです。

でも「返し」が無いので魚が逃げる「バレる」確立もかなり高いです。
この「返し」が無いお陰で何度も何度も大物を逃した事か・・・。

ただ、魚を逃した時の生存率が高い(言い換えれば魚に優しい)のでこのフックを使うのが良いと言った所でしょうか。

でも煩悩を捨てきれない僕はやはり、大物が欲しいので、何度も何度も「バーブレスフック」を止め様とした事は言うまでもないです(笑)。
category
釣り・フィッシング!

「トッツィー (Tootsie)」 ダスティン・ホフマン

1982年、公開の映画です!
ダスティン・ホフマン主演です。笑えます!
51S0KQPHRPL__SS500_.jpg
この完璧なる女装(?)はホフマンです(笑)!

ストーリーは、ホフマン演ずる売れない俳優マイケル・ドーシーは、演技の完ぺき主義者です。エージェントも彼のその演技は買っている物も彼の頑固な性格には辟易して、どこからも雇ってもらえなくなってしまい、数ヶ月間ほど仕事が回ってこなかった日に受けたオーディションを落選。思案の末に女装して名前を変えてまた同じ舞台のオーディションを受けます(笑)。名前は"ドロシー・マイケルズ"(笑)!
すると何とオーディションには合格!その後ドロシーはシンデレラストーリーをまっしぐらに駆け上がるのですが・・・!

この映画は本当に笑えます(笑)!
ダスティン・ホフマン自身が実はかなりの完ぺき主義の演技家らしいのでその彼とオーバーラップします(笑)。

ホフマンの女装も様になっており、本当に本当に笑える作品です!
最近はこんな映画が少なくなったような気がしてなりません。


category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

フォーン・ブース

事件は1つの「フォーン・ブース(電話Box)」で起ります。
51M0ZP47Y4L__SS500_.jpg


ストーリーとしては何時ものように商談をまとめて携帯をしまうと、何故か目の前の公衆電話が鳴り響きそれを取ってみると、電話口の相手が主人公の名前を知っており、そこから主人公と犯人の闘いがフォーン・ブース内を通して展開していきます。

この映画の舞台となっているのはNYのマンハッタンです。
ただNYにあのような「フォーン・ブース」があったかどうかは記憶に無いのですが(笑)、でもこの映画の特徴は、この「フォーン・ブース」の中だけでストーリーが展開していきます。これは面白いです。
映像やカット割りも独創的て、よく考えた映画だなぁ~って思いました。

NYに行った事ある方や滞在された方々はこの映画を見て「あ!あの場所知ってる!!」とか「あのフォーン・ブースの場所はあそこかなぁ?」とか思わず思ったりするのではないでしょうか。

アメリカでこの映画の予告は劇場で見たのですが、実際には「余り面白くないだろうなぁ~」とか思ってしまい(笑)、観にいかなかった事をかなり後悔しています・・・!

因みに、この映画の主人公。僕が行き付けだったBarのBartenderにかなり激似で最初観た時は思わず「あ!彼だ!!」と言いました(笑)。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

シマノバイオマスター2000

20070822150655.jpg

このリールを購入してから、性能の良さに感謝しつつも、何故かライントラブルの多さに悩んでいます・・・。

昨日も奥多摩のフィールドへ朝早くからルアーを投げてました。
パーマーとかは良くドラグを緩めて直してますが、気が付けば糸がドッと出てしまい、これが数度起ると下糸が見えてきてこの日のリールは終了・・・。替えのリールを持っているってので事無きをえますが、実は困っています。

以前使用していたラインは「Troutist AREA Limited Edition 3lb」
テンションを掛けてルアーに巻けば問題無しでした。
バイオマスターに使用しているのは「Super Trout Advance 3lb」
上州屋の店員さんに薦められてこれにしたのですが、何故かライントラブルが多発します。

う~ん~・・・改善策を見つけなければ!と思う昨日の釣りでした。
因みに、昨日は又もやドナルドソンをゲットしました!
ドナルドソンの引きは時々「あれ!?根掛り!?」って思うくらい重たいです(笑)。もうビックリしますが、釣れた後の感動はたまりません!

また釣れると嬉しいです!
category
釣り・フィッシング!

ロスト・イン・トランスレーション

「ロスト・イン・トランスレーション」
これは2003年に公開されています。ビル・マーレイ主演です。

前回は「ブロークン・フラワー」で彼の事を書いたので、今回は「ロスト・イン・トランスレーション」で彼の事を書きます(笑)。

2003年、NY在住の時にアメリカで公開された時は本当に凄かったです!
大評判で行き付けのBartenderはこの映画の事ばかり話していました(笑)。
51J0ZKT0P9L__SS500_.jpg


ストーリーとしては、すっかりマイナーになってしまった中年俳優演が日本でCM撮影のために来日する。そこで夫から相手にされない自分探しをしている女性と出会う。何も分からない環境でお互いに惹かれあう。
319160view001.jpg
そして2人は・・・・といった感じです。

撮影はほぼ東京でされています。使用されたホテルは新宿ハイアットです。このBar。1度は訪れてみたいです。

アメリカ人が大笑いするポイントは2つ。
ビル・マーレイがエレベーターに乗っているときに周りのサラリーマンが無口になる事(笑)。そしてビル・マーレイがCM撮影に望む時、監督から散々文句を言われているのに通訳はたった一言しか訳さない箇所(笑)。
確かに、外国人達から見ればおかしく写るでしょう(笑)。


NYの大好きなBartenderいわく「あの映画が日本の文化だ!」(笑)。
この映画は何度観ても面白いです。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

ブロークン・フラワーズ

ビル・マーレイ主演。2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。
日本では満を持して2006年に公開したのですが・・・

41SQBQNKMFL__SS500_.jpg


ストーリー的には、昔プレイボーイだった男が元彼女から「実は19歳になるあなたの息子がいる」という1通の手紙を受け取って、今は中年になった何も夢も無い男が、元彼女達を訪ねて歩き回る・・・。
と言った感じです。

やる気の無い中年男にビル・マーレイはピッタリなのですが、この映画、何で「2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品」を取ったのか正直言って分かりません(笑)。
ビル・マーレイは好きな俳優なので、映画館に行こうかどうか!?
迷ったのですが、DVDで済ませました。でも行かなくて正解でした(笑)。
シャロン・ストーンが登場するのには驚きましたが(笑)!

この映画は見終わった後に「何で!何で、2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品なの!?」と思ってしまいます(笑)。

日本や世界でも賛否両論分かれる作品ですが、やはりビル・マーレイは良い俳優だと思います。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

シマノ バイオマスター2000 & ロッド

実は、ダイワのロッドが今月の初めに折れました・・・。

P8080155.jpg
これは折れる本当に数秒前の勇姿・・・。

エリアに着いて、ドラグの調整をしてると「ビッシ!」と言う音と供に折れました・・・しかも釣りを始める前に・・・(涙)!

だから、その日は直ぐに帰宅して高円寺の上州屋へクレームを付けに直行(笑)。いつも思うのですが、高円寺の店員さんは優しいです。
話を聞いてくれて、直ぐにメーカーへの手配をしてくれました。

折角の休みが不意になるのも嫌なので、ロッドを購入しました。
「SHIMANO カーディフ60XUL」
20070822150257.jpg

シマノ製品(ロッド)は初めてだったので少々不安も感じましたが、まあ、何とかなるか!と思い購入。

店内を見渡すと、リールのセールが行われていました。
目に付いたのはシマノ「バイオマスター2000」
20070822150655.jpg

今まで使用していたダイワの製品「cye」のベールの返りの調子も余り良くないし、ロッド買ったときのポイントも結構あり、その上セールだったので思い切って購入(笑)!

実際にフィールドで使用した感想は「かなり良い感じ!」
トラウトとのやりとりも今まで以上に楽に出来ます。
リールとロッドのバランスが良い感じだと思います。
パワーも先日ドナルドソンを上げる事が出来たので証明済みです。

シマノとダイワ。
今の所、シマノが自分の中で競り勝っています。
だって、ダイワはドラグの調整で折れたしなぁ~(笑)。

category
釣り・フィッシング!

Japanese Story

オーストラリア映画です。多くの女性スタッフが参加して作られた映画です。
41KNPX6MQXL__SS500_.jpg


ストーリーとしては、日本で疲れたサラリーマンがオーストラリアにやってきてオーストラリアの女性と恋に落ちる。と言った内容ですが、その結末は・・・う~ん~?と思います。

NY在住の頃に、この映画が評判になってレンタルして観たのですが、前評判と映画の出来具合のギャップに閉口しました・・・(笑)。

この映画は日本ではかなり知られてないような気がしますが・・・。
オーストラリアの自然豊かな光景は好きです。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

出ました!ドナルドソン!

昨日は奥多摩の管理釣り場へ行きました。
最近は投げる人が多いので魚が朝からスレています。

普通、朝一とかは結構食いが良いのに昨日は全然駄目・・・。
でも、何とかスチールヘッドを中心に数匹をゲット!
やはりスチールヘッドの引きは最高です!P8190034.jpg
昨日のスチールヘッドは食卓に(笑)。結構良いサイズでした。

P8190036.jpg
因みにスチールヘッドの身は赤身で美味しいです!

小さなマスが時々釣れる中、かなり大きなサイズがいきなりヒット!
しました!本当にいきなりで、もうビックリ!
竿はMaxでしなり、本当にビックリ!

因みに竿は更に新しくなって、
「SHIMANO」の「カーディフXT 60XUL」でリールは同じく「SHIMANO」の「BIOMASTER2000」。この辺は次回詳しく書きます。

とてつもなくデカイ魚影にビックリそして何とかして上げなくては!
のその気持ち1つでやり取りする事5分余り・・・!
その間にラインは出るわ出るわ・・・もう駄目だ!って何度も思いましたが(笑)、何とかネットランディング出来ました(笑)。
と言っても、ネットよりもでかいです(笑)!
Image105.jpg
チョット分かりにくいですが。

魚専用のネットに入れてみると・・・
Image108.jpg
スチールヘッド((2尾並んでいる上の方)が小さく見えます(笑)。

更にランディングネットと比較してみると・・・
Image111.jpg
よく取り込めたもんだ!って今更ながら思います(笑)。

計測してみると・・・44cm、1kg!!!
P8180031.jpg
このドナルドソンも身が赤身です!

昨日はこのドナルドソン1尾で全てが終わりました(笑)。
またこれ以上の物を釣り上げたいです。

ちなみに、ドナルドソンとはニジマスの大きくなる個体を掛け合わせて品種改良した物で大物では10kgを超えるそうです・・・!
と言うことは、僕が釣った物はまだまだ子供か(笑)!
category
釣り・フィッシング!

グリース(Grease) 若き日のトラボルタ

目茶苦茶若き日のジョン・トラボルタの映画です。
今とは全然違うトラボルタが凄いです(笑)!

映画の内容はミュージカル仕立てで、トラボルタのダンスが見ものです。僕は彼のダンスは上手いと思います。

51YGXAYPDXL__SS500_.jpg

ストーリーはともかく、何か70年代の良き時代が分かります(笑)。

今ではジャンボジェット機乗り回しているトラボルタ。
こんな時代もあったんですねぇ~(笑)。
面白い映画です。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

SHOGUN~将軍~ラスト・サムライの原型

「ラスト・サムライ」の原型にもなった映画が「SHOGUN~将軍~」です。

この映画は1980年に米NBCネットワークで放送された日米合作のTVドラマ・シリーズ「将軍 SHOGUN」です。

かつて17世紀に日本へ漂着した実在のイギリス人ウィリアム・アダムス(=三浦按針)をモデルに描いたジェームズ・クラヴェルのベストセラー小説「SHOGUN」を基に、このドラマは制作されており、日米の豪華な俳優たちにより17世紀の動乱する日本や日本の文化が壮大なスケールで描かれています。

51NGXNFCBKL__SS400_.jpg

大まかなストーリーは・・・
17世紀初め、オランダ船に乗船していたイギリス人航海士ジョン・ブラックソーン(Richard Chamberlain)は伊豆に数人の仲間と漂着し捕らわれの身となり、ジョンは按針(あんじ)と名付けられます。
その頃日本では西の覇者・石堂(金子信雄)と関東の覇者・吉井虎長(三船敏郎)が天下取りの争いをしているなか、そんな矢先に按針は虎長と運命的な出会いをし、彼に重要されるようになり、按針の冒険が始まる!といった感じです。

この「将軍 SHOUGN」が1980年アメリカで放映された時の放映時間帯には映画館やレストランの売上が激減したと言うくらいの空前の大ブームを巻き起こし、最高視聴率は40%を超えてます(凄い!)

原作者は日本人ではありませんが、撮影は主に日本でやり、茶道、殺陣、馬の乗り方、弓の扱い方、日本人の作法、視覚的美術の表現方法(例えば襖の配置方法、着物の絵柄の種類等)、史実に基づいた歴史の考察などきめ細かな心遣いが随所に映像に現れています。CG等の撮影がほとんどない分、より鮮明に俳優や映像を通して古き良き日本の文化が見られる好作品に仕上がっていると思います。

なお、この「将軍 SHOGUN」はNYではBooks紀伊国屋で$75 CD5枚組セットで販売されていました(時間はおよそ540分、字幕・日本語・英語)。

世界の「三船」が渋いです(笑)!
良く見ると、本当に凄い俳優達を使った映画です!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

スチールヘッド (Steelhead)

昨日はまたまた奥多摩の管理釣り場へ直行。
が、しかし、日曜日に釣り場は大混雑しており、多分トラウト達はスレまくっているかなぁ~って思いながらも、開場時間が来ると早速キャスト!

すると、これが中々良くて、連続ヒットが続く!
その中でスチールヘッドが連発でヒット!
前回みたいにラインブレイクする事無くキャッチ。
でもスチールの引きは強烈~!時々ジリジリとラインが出ます。

ただ昨日の状況は何時もと違う感じでした。
放流直後はガンガン釣れるのが普通なのですが、昨日は全くアタリがなし・・・。不思議です。何故なんだろう?

昼近くになると、全くアタリな無くなり、もっとも過酷な状況になるのですが、そんな中でました!ほんじつ1番のアタリ!紫スプーンを投げた直後に凄い引きが・・・!ロッドが絞り込まれて、ルアーのラインが出る出る(笑)!これは、デカイ!と思って慎重にやり取りをして何とか取り込むと・・・デカイ・・・!
最初はただのニジマス?って思っていたのですが、処理してみると・・・あ!スチールだ(笑)!いやいやビックリ(笑)!

P8130008.jpg
この釣り場にしてはかなり大きなサイズです!33cm!550g!

釣り上げてる途中で、知人になった隣の方が「頑張れ~!」と励ましてくれました(笑)。それ位引いてたのかな(笑)!?

でも、本当に良かった釣りでした!
次回もこれ位のサイズが釣れる様に頑張ります!
category
釣り・フィッシング!

スクール・オブ・ロック

説明の使用が無いくらい笑えます(笑)!

2003年、アメリカで公開した時に直ぐに映画館に観に行きました。
周りのアメリカ人に釣られて大爆笑しました(笑)。

この時に初めて(だと思うのですが)、主演のジャック・ブラックを見ました。ハッキリ言って「近年稀に見る貴重な俳優です」(笑)!
あのキャラクターは大好きです!

51FGGGVX1ZL__SS500_.jpg

「こんな先生に習ってみたいなぁ~」って思います。
でも実際に習うと大変だろうなぁ(笑)。

ちなみに、ジャック・ブラックは「日本人は朝からスシを食べるんだな!」って実際に思っていました(笑)。

「ジャック・ブラック」!
まだまだ目が離せない俳優です!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

王様のレストラン

「王様のレストラン」
これは映画ではないですが、大変良く出来たTVドラマです。
駄目レストランを伝説のギャルソンが復活させる!と言う流れです。

1994年4月~7月までフジTV系列で放映されています。現在はDVDも販売されています。

このドラマの主人公は松本幸四郎です。と言うと「誰!?」ってなるのですが「松たか子」のお父さんだよ!って言い直すとピンと来ます(笑)。

松本幸四郎演じるギャルソンの「千石さん」が、昔は一流だったフレンチレストランを、これまた人が大変良すぎるオーナー(筒井道隆)と一緒に盛り上げる!と言う内容です。

このドラマは、松本幸四郎、筒井道隆の他にも山口智子、鈴木京香が出演しており、この俳優人を支える脇役達が本当に本当に「素晴らしい(千石さん風)!」
小野武彦、西村雅彦、梶原善、伊藤俊人、田口浩正、白井晃といった
今では有名になっている人達がこのドラマで初出演やその後TVドラマや映画に主演しています。

驚くべき事はこのドラマはほぼ1つのスタジオで撮影されています。
これは、ドラマの脚本家:三谷幸喜ならではのアイディアだんだろうなぁ~って思います。因みに彼もこのドラマを気に入っているそうです。
それと、このドラマの主題歌を歌っているのは平井堅で、実はこれは彼のデビュー曲でした。曲名は「Precious Junk」。カラオケで歌っていも誰も当時は知りませんでした(笑)。でも、大変良い曲だと思います。


cap001.jpg


いつかきっと、松本幸四郎みたいな素敵な大人になりたいです(笑)。
それと出来る事なら「びっくりムース」も食したいです(笑)!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

痛恨のラインブレイク!

昨日は、久し振りに奥多摩へ釣りに行きました(と言っても約1週間振り位ですが)。
P8080157.jpg


エリアに着くと水位が減少。でも、この水位は9時を境にダムの放流により回復します。すると魚の活性も上がり釣れ始めます。
P8080161.jpg

これはスチールヘッド。


因みに、前回折れたサオはただ今検査に出して(多分、有償だろうなぁ)おり、たまたま上州屋でセールがあり新しいものを購入。
「PhanTom-TR 602ULRS」。悪くないサオです。これで、リールもダイワ。サオもダイワになりました(笑)。

P8080155.jpg


楽しく釣りをしていたら、1回目の事件が発生しました。
それは・・・「ラインブレイク」!オレンジ系のスプーンを投げたらいきなりヒット!それこまでは良かったのですが、かなり大物でグイグイと本流に向かって潜り込み最後は「プツン」と言う音と共にトラウトは僕のルアーを口元に引っ掛けて悠然と泳いでいます(笑)。

魚によっての「ラインブレイク」は生まれて初めてです。
使用しているラインは3lb(ポンド)。計算上では1.3kgまでの大きさのトラウトまで引き上げる事が出来ます。
因みに1lbは約450g(日本のラインは0.4号)、2lbは約900g(日本のラインは0.6号)までのトラウトだったら引き上げが可能となっています。

何で「ラインブレイク」したんだろう?と考えながらルアーを取り替えて釣りをしていました。
2つ思い当たるのは、ラインの劣化とドラグの調整の悪さ。そう言えばラインの先の方が若干ヨレていて、しかもドラグの微調整が悪かったと思います。小さいマスに対してはそれほどまでに気にしなかった(と言っても毎回ドラグは調整していますが)ドラグですが今回の件で改めて再認識させられました。

それともう1つが、とてつもなくデカイマス(デカマス)が居るのでは?
エリアにかなり大物が潜んでいるかも?
このエリアの放流サイズで大きな物は400gですが、時々エリアに居ついて大きくなる物も現れます。僕のラインを切ったマスはそんなにも大きな物ではなかっと思うんですが、どうしてもその考えが捨てきれずに、
カラーを変えて第1投!と同時にとてつもなくデカイ引き!!!
呻るドラグ!これはかなり大物だ!ってのが初心者の僕にも分かります!ラインが切れない事を願ってたと時にデカマスは一気に本流に向かって加速してラインを引きちぎりました・・・。

またしても痛恨のラインブレイク!

でも、やはりデカマスが居ついてる!と疑念が確信に変わりました。
よし!今度こそ釣るぞ!って思っていて頑張ってみたけど釣れるのはまあまあのサイズばかり。しかし、自分がほぼ釣った場所と同じ様な所でフライフィッシングの人が・・・釣った!本当にこのエリアでは見た事ないようなサイズの超デカマス!を釣り上げています!ドナルドソンかと思うくらいのマスです!丸々太った巨体はゆうに1kg以上あるのは傍目でも分かる位のサイズです・・・!

あ~あ~!あんなサイズが釣りたい!!!
もしかして僕のルアーをもって行ったのもあの位のサイズの奴かなぁ?と夢を掛け巡らして次回の作戦も考えながら釣りをしていました。
結局デカマスは釣れませんでしたが、数は自己最高を記録して楽しい一時とチョッピリ悔しい思いを胸にしてエリアを後にしました。

P8090005.jpg

お手頃サイズの釣ったは定番の「塩焼き」に!お手頃サイズは約25cm位です。本当に美味しくて最高です!でも本当に美味しかったなぁ!
因みにこのマスは普通の「ニジマス」です。

次回は何とかしてルアーを奪われた魚を釣ってルアーを取り戻すぞ(笑)!
category
釣り・フィッシング!

カミナリ・雷・かみなり

関東地方、今日は大気の状態が大変不安定だそうです。
現在、東京は晴れていますがこんな時、奥多摩に行くと昼過ぎからゴロゴロと空が鳴り出して、雨が一気に降ってきて大変なことになります。

lightning_14.jpg

こんな感じに↑都心から奥多摩は見えるのかな(笑)?

雨だけならこの間の釣りでしのいだけど、雷は流石に・・・。
車で移動してるなら車に避難することも可能だが、電車・徒歩なので一気に降られると大変!

ただし、雨が降っている時はトラウトの活性が上がる!
でもカミナリの中での釣りは危険・・・。

カミナリの音を聞いたらまずは釣り場からの撤退準備を始めた方が無難な様な気がします。

奥多摩地方、今日は午後から雷雨の予想が出ています。
関東地方は明日まで大気の不安定な状況も続く予定。

早く夏空が来て欲しい!
あ、ギラギラ照りつけるような状態だと釣果は落ちるけど(笑)。
category
釣り・フィッシング!

アメリ

「アメリ」
この映画は画像が大変綺麗です!そして面白い!
何か、古きよき昔の時代だけど何か現代の社会!って感じ(笑)。
全然上手い表現じゃないけど。

主演のオドレイ・トトゥ(彼女のカタカナ表記には色んな表現があります。フランス人の友人から発音を聞くとどうしても僕には「オードレィ・タトゥに聞こえるのですが・・・)は可愛いです(笑)。あの髪型にはまります(笑)。
アメリのキュートな言動と行動が観ている人をホノボノとさせます。
それと、映画の中に出てくる独特の色使い。赤や緑の世界。この色彩感覚にも何時の間にか取り込まれます。

映画で気になるのは「ゴッホみたいな老人」がかなり気になります。
う~む~彼は一体何者なんだろう?って思いながら観てしまいます(笑)。
「ダヴィンチ・コード」のオドレイよりも、どうしても「アメリ」のオドレイの方がイメージとして強いです。

フランス映画が苦手な人でもすんなり観られる映画です。
近所のレンタルショップは時々サービスで100円レンタルをやるのですが、「アメリ」はリピーターが多いのかほぼ毎回誰かが借りている状況が続いています。サービス期間以外では借りている人は少ないのも事実です(笑)。
「アメリ」だけでネットで検索すると色んなサイトが沢山出てきます。
この映画を観ると「フランス」に行きたくなるなぁ~。


是非、「アメリ・ワールド」へ!
418JB8STSFL__SS500_.jpg

この髪型!日本でも流行らないかなぁ(笑)
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

ギャラクシー・クエスト!

ギャラクシー・クエスト。この映画の事を知らない人が多いと思う。
それもそのはず、この映画もアメリカではTVドラマとしてスタートした。
1978~1982年に放送された、超が沢山付く極レアなTV番組(笑)!
しかも、スタートレックのコメディなのでそれも笑えます(笑)。

実際のTVドラマは見た事が無いです。
でも、この映画は劇場で観た事があります。

この映画を観て思った事は「おお!楽しい!」が率直な感想!
映像も中々だし、ストーリーも良かった。
しかもスタートレックよりも話が分かりやすいです(笑)。
また役者さん達も意外と有名な方を配置しています。
例えばシガニー・ウィーバとか。因みに渋谷の劇場には彼女が撮影で使用したユニフォームが展示されてありました(笑)。
これまたレアだなぁ~(笑)。

しかし、残念な事に日本での評判はイマイチ。
劇場公開がなかった地方さえありました。

是非とも、近所のレンタルショップとかにこの映画があれば、チラッと手にとって観てみて下さい。楽しいですよ!

518SrFLw2OL__SS500_.jpg


因みに、この映画の中の有名なセリフはプロ野球の某球団が1年間のキャッチフレーズで使用していました(笑)。
この映画、個人的にはPART2を製作して欲しいです。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

奥多摩!管理釣り場への未知

奥多摩の管理釣り場へ通い始めて、およそ2ヶ月。早いもので10回位になりました。

ここの管理釣り場は「ポンド(溜め池)」タイプではなくて、渓流をせき止めた釣り場となっています。

P7050094.jpg


ポイントは沢山あって、釣るのに難しい場所やそうでもない場所(僕にとってはどの場所も難しいなぁ~って思いますが)もあります。

1番最初にこの釣り場に行った時は訳も分からずエリアに入って精一杯ルアーを投げてました。丁度その日に初老の「釣り師」と出会い、色んな情報を頂きました。

エリアに入ると橋が数箇所掛けてあります。
P7050096.jpg

この橋は意外と細くて、しかも朝露や雨の日の次の日はツルツルして危険です(笑)。まだ落ちた人を見た事ないですが・・・。
この橋の右側は多くのニジマスが居るポイントの1つですが、スレていて釣るのは難しい場所でもあります。

この管理釣り場へ行く道は2通りあります。
1つは国道沿いを歩く。
もう1つは写真の様に川沿いを歩く方法です。
P7050091.jpg

因みに、東京でも「熊」出没するようです。実際に見た事は無いですが目撃情報の張り紙は見た事あります。

釣りはの~んびり、楽しみたい物ですが、この道を歩く時には、もう心はワクワク、「熊」の様な「未知の生物」と遭遇したらどうしよう!?と心臓はバクバクしながら歩いています(笑)。
category
釣り・フィッシング!

スタートレックの世界

「宇宙、そこは最後のフロンティア・・・」
この有名な言葉で始まるSF史上、超有名なTV&映画シリーズと言えば、
そうです。「スタートレック」です。僕のHNの由来にもなっています。

この「スタートレック」は1966年から現在に至るまで、5本のTVシリーズと10本の映画、それと忘れがちですが1本のアニメが製作されています。
舞台とのなるのは22世紀から24世紀の話です。

「宇宙大作戦/TOS」のカーク艦長、一目で分かる超個性的なスポック達は23世紀を舞台に。
「新宇宙大作戦/TNG」のピカード艦長、愛して止まないアンドロイドのデータ少佐達は24世紀を舞台にして活躍します。

アメリカでは絶大な人気を誇っているのですが、日本では・・・超マイナーで「スターウォーズのパクリだよ!」って言われる事がもう度々です。でも実際は「スタートレック」の方が歴史が深いんです。

また、多くの科学者たちも「スタートレック」を支持しています。
それは「科学的に考証された物」が数多く作品中に登場します。
原作者のジーン・ロッテンベリーは製作に辺り入念に科学者達と検討を重ねて映像として現しています。
特に「スタートレック」で重要な要素の1つである「転送」(宇宙船から直接地上に降りたりする時にしよう)の技術も丹念に科学者達と検討して画像に表しています(そこにはTV予算の都合や60年代当時の画像処理の技術的問題もあったのですが)。

「スターウォーズ」の派手は画像と比べると確かに見劣りするのも事実ですが、「スタートレック」はTVドラマが出発です。数多くの異星人達と国家(銀河系内の)が出てくる壮大なストーリーです。

カーク艦長から始まった世代が次のピカード艦長に受け継がれる。
こういった物も「スタートレック」ならではの醍醐味ではないのでは?
って思ったりもします。

一旦は「まれば」抜け切れない事は請け合いです(笑)!
是非、「スタートレックワールドの世界へ!」

今後も「スタートレック」について熱く語りたいと思います。

20211653.jpg

こんな異星人が待っています(笑)!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

ダイワとシマノ

ロッドは大損失だった・・・。
でも、不幸中の幸いとしては、かなり安かった事。
メーカーはそんなに有名じゃなくて激安だった。
また同じロッドを買うか、それとも新たなメーカー品を買うか。
悩む・・・。


リールはダイワとは先日書いた。
そこで、ダイワとシマノの違いをチョットだけ。
例の「吉や」の店員さんの言葉の受け売りになりますが・・。

ダイワはリールが軽くて、トラブルが少ない。機能が多いのが特徴的。
シマノはギア比(リールの巻き上げる力、速さ)が高い。

これが大きな違いだという。
後は使用する人のフィーリングらしい。

ほほうぅ~って思う。この「吉や」でダイワを薦めれらたので、現在はダイワを使用しているが、シマノは分かりません。
ダイワのCy.は悪くないリールだと思う。
ただ、やはりベールの返りがやや悪いのが気になる所だけど。

ダイワとシマノ

どちらが良いか、はっきり言って分からないけど、
やはり最後は使う人の気持ちか。
リールは追求すればするほど面白い!
category
釣り・フィッシング!

クロス・オーバー

昨日は何時ものように多摩川の管理釣り場まで行って来た。

しかし、この日は出だしから嫌な予感がしていた・・・。

何時もは4時33分の電車に乗るのだけど、昨日は乗れずに、では4時53分で良いかぁ~何て思っていて駅に着いたら電車は既に発車!
時計を見ると4時50分!!!しまった!完全に時間を間違えた!

次の電車は5時10分。駅で待つこと15分余り。電車はやってきたけど、
あれ?意外と満席だよ。これにはビックリ。でも座る事が出来て一安心。良かった良かった。

立川で青梅線に乗り換えて、終点の青梅へ。
ここで更に奥多摩線に乗り換えるわけだけど、な、何と!
奥多摩行きは6時50分発!でもって僕が青梅の駅へ着いたのは6時15分!
うそ~!30分以上の待ち?しかも、驚いた事に青梅の駅構内にはトイレが無くて、若しも行きたい時は一旦駅を出なくてはならない。
勿論、駅員さんはそれを認めてくれるけど、この時間帯に駅員はいない・・・。仕方ないから開いている改札口(多分、そんな人達の為に)を利用して外の公衆便所へ。青梅は意外とアバウトなんだなぁ~。

出だしからこんな調子なので、今日は何か変な事が起るんじゃないか?
と思いながら、奥多摩線に乗っていざ奥多摩へ!

釣り場に着くと・・・おいおい、橋が流されているよ

でも、何とかポイントに辿り着くと、先日来ていた感じの良い大学生が挨拶をしてきたので、こちらも挨拶。早速今日の感じとヒットルアー情報の交換などをした。

彼の近くのポイントに入って早速スプーンを投げ込む。
しかし、数回投げてもヒットしないのでルアーをプラグに変えて、いざ再出陣!すると、1投目からヒット!
釣り上げたのはニジマス。その後もヒットの連発で数をかなり上げた。


この写真はスチールヘッドヘッド!引きが強くて本当に凄い!
しかも美味(笑)!釣って良し食って良しのツワモノ(笑)!

朝の嫌なムードはどこへやら。
今日も絶好調!っと思った矢先。ルアーをスプーンに付け替え投げていたら、しまった!根掛り!って言うよりも、飛ばしすぎて石に引っ掛かり取れない・・・。
大事なヒットルアーの1つ、赤金!これ数多く釣ってきたの無くすわけには行かないと思い、慎重にエイ!とやったらブチッ!と嫌な音を立てて、ロスト・・・。仕方ない。諦めてまた赤金を取り出して数回投げていると、同じような場所で引っ掛かり、これは絶対にいけない!気お付けなくては!って思って今度は慎重に引っ張り、よし!これなら取れるぞ!っておもっていたら、またもやあの音ブチッ!ブチッ!やられた!短時間のうちに2個ロストするとは・・・。

でも、ルアーをロストするのはある意味付き物なので(いやいや、下手なだけなのですが)、気分とポイントを入れ替え上流へと移動した。

日差しも強くなる午後からはプラグだけ使用して釣ってみた。
特にシンキング系のプラグを使用したいたけど、ここには大きな落とし穴があった。先日の大雨の増水で川の中に木の瓦礫が沢山あることを見落としていた。そうとは知らずに果敢に攻めていたら、しまった!
根掛り!今度はプラグなのでどうしようもない。針はトリプルフック。
これはかなり厄介・・。でも買ったばかりなので、ここは慎重にイクゾ!と思った矢先にあの例の音ブチッ!今日で3度目・・・。やられた・・・。
「言葉に出来ない」あのK.ODAの曲が頭の中を流れる。
~la la la la la la~♪言葉に出来ない~

仕方ない。と心に何度も言い聞かせて、又もや新しいプラグを取り出して果敢に底を攻めてみると・・・引っ掛かったよ!!!
又だよ!今日で何度目!?今度こそは今度こそは慎重に慎重を重ねて・・・ブチッ!あ~!!!何で!?何で僕だけ!?としばらく凹んでいたけど、又もや気持ちも入れ替えて、場所も移動して新たにルアーを投げる事数度。魚も釣れて、良し良し!って思っていたら、あれ、釣り竿に木のクズが付いているよ!全く先日の増水は困ったもんだ!って思っていたら、あれあれ?何でこの木にリップがついてるの?あれ、僕の竿短くなってない・・・?うそ!?まさか・・・・!!!???

折れた!サオが折れてる・・・!
Image103[1].jpg


言葉にすることも出来ず、釣りを続行する事もできず、本当に最悪な日だった・・・。今まで事故でサオを折った事はあるけど釣りをしていて折った事は1度も無い。考えられる要因としては、プラグを取る時に無理に引っ張ってしまったのが良くなかったかなぁ~?
でも、こんなにふうに折れる事とは滅多にない。

マスを沢山釣った以上に失った物も多すぎて痛かった日でした。
サオと無くしたルアー達を買わねば・・・。


category
釣り・フィッシング!