Entry Navigation

ドナルドソン スチールヘッド

奥多摩では1kg越えのモンスターが泳いでいます。

このトラウトはドナルドソンだと思われるのですが、ドナルドソンにも種類があるみたいです。

image13.jpg

ドナルドソンとスチールヘッドを掛け合わせると・・・何と海でも養殖可能なドナルドソンが飼育できるそうです!
そな名も「ドナルドソン スチールヘッド」!!!
そのままと言えば、そのままですが(笑)。

そもそも、このドナルドソンは大きい物で10kg越えもあります。
したがって、1kgはまだまだベビーなのかも知れません(笑)!

昨年釣ったドナルドソンは1kgを超えていました。
茨城県にある、マルミフィッシングエリアは少なくとも1kg~の魚のスタートだそうなので(笑)、やはり奥多摩まだまだ甘い!とか思ったりもしていますが、あの川の流れの中で釣るのは爽快です!
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!

1kg越えのモンスター!

いや~奥多摩の釣り場は1kg越えのモンスターを放流中で3lb(0.8号)では耐え切れられずに切れるそうです!!!

200130senta.jpg


行きたい・・・!1kg越えのモンスター(多分ドナルドソンだと思われるのですが)を釣り上げてみたいです!
category
釣り・フィッシング!

鬼平犯科帳

寒い夜は、軍鶏鍋が食べたくなります・・・。

軍鶏鍋と言えば「五鉄」の軍鶏鍋。
「五鉄」と言えば・・・「鬼平犯科帳」です!

20080129201813.jpg


池波正太郎原作の鬼平犯科帳は中村吉衛門が演じています。
池波御指名の吉衛門が演じる長谷川平蔵は、本当にハマっています!

「時代劇はちょっと~」っと言う人に観てもらいたいです。
この作品の良い所は、時代背景や風俗情況を丹念に調べて映像に綺麗に表現しています。特に何気ない「蕎麦」を食べる風景何かは、本当に絶品です!また美食家の池波はこの作品で江戸時代に食べられていた「食」の美を綺麗に表現しており、それは映像にも随所に見られる、本当に良い作品です!

また吉衛門を始めとして出てくる役者陣は一流揃いばかりでこれまた、「鬼平犯科帳」の世界観を広げています!

雪が降る日に熱燗を飲みながらゆっくりと観たいです!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

雪景色の奥多摩は綺麗です!

一昨日の「雪」は奥多摩を綺麗に化粧しました!

200123senta.jpg
1/23日の写真

いや~綺麗です!都内はチョットしか降らなかったのですが、奥多摩は完璧な雪化粧です!

この空の中、アングラー達も奮戦していたようです!

週末には大型のトラウトの放流予定!
楽しみです!
category
釣り・フィッシング!

萬福本舗

阿佐ヶ谷のとんこつラーメン「萬福本舗」です!

P1220109.jpg


アメリカに行っている時に出来たのかと思いきや、開店時は2001/9/11の事件があった日だったとは知りませんでした。

それは兎も角、ここのラーメン屋さんは本当に博多の味に忠実に再現していますので、関東の人には余り人気がないと言われていますが、博多っ子の自分には最高の味です!

あの独特の「匂い!」が食欲をそそります!
弱点があるとすれば、辛子高菜!が注文しないと無い事!
でも、都内ではNo.1と思っています。


P1220113.jpg


杉並区役所または地下鉄丸の内線、南阿佐ヶ谷駅から歩いて2分の好立地条件に店はあります。

店内はjazzとかが流れていたりして、大変心地よい感じがします。

博多が恋しくなったら必ずこの店で元気をもらっています!!!
category
ラーメン

やっぱり猫が好き

以前こんなドラマがありました。

「やっぱり猫が好き」

猫に関連するドラマなのかなぁ~って思っていたのですが、そんな事は関係なく(笑)、ただ単にコメディドラマです。

20080108-00000000-giz-ent-view-000.jpg
こんな感じの猫は登場しません(笑)。

三谷幸喜も脚本を担当しているのは意外です。
でも今にして思えば、彼が担当している回はやはり独特で面白かったです。でもあんまり内容覚えてないのも事実です(笑)
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

2010年 宇宙の旅

最初のシーンと音楽が有名です(笑)。

20080116083302.jpg


この映画は気合を入れて観ると大変疲れてしまいます。
ですから、何時も行きつけのBarとかでは酔っ払った勢いで、BGMのように流してもらっています(笑)。

2010年は一体どのような年になっているのでしょうか?
そちらの方が大変気になるのも事実です(笑)!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

奥多摩で転落?

2008年の釣りのシーズンが始まりました。
と言っても管理釣り場ですが。

この時期に渓流は解禁されていません。山女等が産卵を迎えているからです(実際には誤差等があるのかも知れませんが)。

200103senta.jpg
2008.1.3の写真

この時期、奥多摩の釣り場で転落事故があるそうです。
これにはビックリします。時々、路面が凍結しているとの掲示がされているので釣り場の岩場が凍っておりそれで足を滑らすのかな?
とか考えていますが、実際にまだ現場に行ってないので何とも言えません。

竿を折ってもチョットのショックで立ち直れますが足とか折ったらこれは大変です。

冬場の釣りは危険もかなり潜みますが、実はトラウトは冷水を好むので活性は意外と良いので大物が釣れるのもこの時期です(時間帯は限りがあります)。

ハイリスク・ハイリターンの冬場の釣りは魅力的です!
category
釣り・フィッシング!

黒部の太陽

太陽周期が11年振りの極大期に突入しそうです。

20080108-00000032-jijp-soci-view-000.jpg
映画の画像とは関係ないですが

それで、太陽に関する映画と言えば・・・
ああ、遠い昔に観た事がある「黒部の太陽」だ!思い出しました。

石原裕次郎、三船敏雄が共演した映画です。
今観ても面白い映画だと思います。
ダムを造るときの難しさが今だと良く分るので面白いはずです。


黒部ダムには行った事があります。大変大きなダムだ!としか印象が無いのですが(笑)、それと何故かダムまで行くのに時間が掛かり道が渋滞していた事も思い出します。

確か紅白で中島みゆきが「地上の星」を歌った場所だったと思います。

コアなダムファンにも人気がある場所で、以前このダムの展望台のカフェだったと思うのですが、「黒部ダムカレー」みたいな特集がありました。リポーターは味は美味しいといっていたような。

ダムサイトは色んな所があり又コアな分野でもあるのでハマると大変面白いのかも知れません(笑)。

映画の紹介からかなりずれましたが(笑)、「黒部の太陽」は先人達の偉大さ&石原裕次郎がブレイクした作品である事が分る1本です。
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

アポカリプト

2006年の映画です。
20080106155920.jpg


この映画が日本でどの位話題になったかは分りません。
が、最近はマヤ文明が示してある地球崩壊(最後の日)が話題になっています。

この映画はビックリした事は全て「マヤ語」・・・。
そして、どうしても「ジョジョの奇妙な冒険」とかぶります(笑)。
ジョジョの第1部はマヤの話出てたし当然かもしれませんが。

話は戻して、この「アポカリプト」は記憶の限りではそこまで日本で大ヒットした!とは言いがたい作品ですが、マヤ文明に思いを巡らす事が出来る映画であるのは事実なので好きな作品の1つです。

もっとも、その背景にはジョジョの影響が多々ありますが・・・(笑)
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

荻窪ラーメン 煌や(こうや)

アメリカから帰国後にオープンしていたのがこの「煌や(こうや)」です。

PC280057.jpg
開店前ですが

最初に食べた後はの感想は「あ~二葉の味に似ているなぁ~」と思ったりしました。
このお店の中はラーメン店と言う感じではなくて清潔で店内ではjazzも流れているおしゃれな店です。店員さんの対応も愛想良くて居心地も大変良いです!

PC280061.jpg
特製醤油ラーメンは\880

中で作っている方は一見怖そうに見えるのですが(笑)、話をしてみると大変面白く気さくな方です。

この「煌や」は煮干ベースのスープで麺は縮れており、スープにしっかりと絡み付く感じです。大変胃に優しい感じがする味かなぁ~と個人的には思います。
値段も今の所\1000台を超える物も無く懐にも優しいお店です。

久々に荻窪に現れた実力店!と思えるお店の出現に大変喜んでいます!
category
ラーメン

スタートレック

年が明けて、いよいよ2008年となりました。

そんな訳で、前から書きたかった物を2008年度の第1発目とします。

「スタートレック(The Motion Picture)」
アメリカSF物といえばこのスタートレック(スタトレ)意外にないと言っても過言ではないでしょう。

このスタトレが誕生したのが1966年。この放映開始以来、5つのテレビシリーズ、10本の映画、1本のアニメシリーズが製作される長期シリーズとなっています。

劇場の登場したのが今回紹介している「スタートレック(The Motion Picture)」です。
20080101143936.jpg
1979年公開

映画の出来も大変良く、興行収入的にも中々の物があったのですが、前年度に世界的大ヒットを出した「スターウォーズ」の影に完璧に隠れてしまい、特に日本ではマイナー路線まっしぐら!の道を現在も辿っていると言う、残念な現象が起こっています・・・。

この「スタートレック(The Motion Picture)」はロバート・ワイズが監督をしていて丁寧な作品に仕上がっていますが、観念的なストーリー展開的にファンからの評判もいまいちだったようです。
時代は23世紀の話で、カーク、スポックなどが活躍しています。

見ればハマるのですが、見るまでにチョット時間がかかる?のがスタートレックの魅力でもあります(笑)。

今年はスタトレの事を徐々に増やして行きたいと思います!
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!