Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

白夜ではないけど

ポーランドでの不思議な体験として上げられるのは、陽が沈んでも何故だか明るいことです。
それがこの写真です。

P7240135_convert_20080730000735[1]

この写真を撮った時間は午後10時30分を軽く回っていました。
辺り一面に霧が出てきて幻想的な光景だったので、とりあえず数枚撮った中の1枚です。

時差とこの明るさで意外と1週間近く慣れるまでに要しました(笑)!
他の事が忙しくて釣りに行けない毎日・・・!

でも今週は頑張って行く予定です。
明日はフィッシングショップに買出しだ~!
スポンサーサイト
category
旅・旅・旅!

ヨーロッパのフィッシングショップ編 その1 ヨーロッパのルアー

英語が通じる所のフィッシングショップだったら問題は無いのですが・・・(笑)。
言葉が通じないお店での対応はかなり苦労します!

でも、店内の撮影を許可してくれたりと何とかコミュニケーションとりながら道具を揃えます。

所狭しと日本ではお目に掛からないものが沢山並んでいます。

P7220082_convert_20080729064507[1]

中でも注目すべきのはルアーではないでしょうか?

P7220085_convert_20080729065619[1]

Kenartと書かれているメーカーだと思います。
1つが約500円位です。
意外と安いんです。カラーも沢山あり、チョッと日本では見られないような物ばかりです。
ヨーロッパの魚は色んな色が好きみたいです(笑)。
ルアー類は沢山ありましたがスプーンはほとんど置いておらず、どうやら余り出回ってないような感じがしました。が、ヨーロッパのフィッシングショップも楽しいです!
category
釣り・フィッシング!

ヨーロッパ釣り紀行 まずは試し釣行!

連日、ありえない悪天候の中、やはりどうしても釣りに!と言う事で先ずは試し釣行へ!
気温が15℃を下回る中のどうしようもない「変な夏」の気候の中です。
ポンドでやりました。
ポンドと書くと、な~んか響きが良くなるけど(笑)、個人的な見解は「野池」です。

取りあえず現地の人と一緒に行くことに!

夕方から始めるものの・・・ほとんど当たりなし・・・
日本から持ってきた管釣りルアーには殆ど興味を示さないのか、無反応。
と言うよりは現地の人いわく「一気に気温が下がったから食いが渋い!」との事。
ちなみにポンドの水はマッドな状態です。

時々コツコツ当たりはあるものの、う~ん~、乗らない。
と言うか乗せきれない(笑)?

現地の人は堪り兼ねてかソフトルアーに変更!
僕は意地でも管理釣り場ルアーで臨む(笑)!

結果・・・ヨーロピアンパーチがお互い仲良く2尾づつ!

P7280069_convert_20080722155629[1]

かなり小さかったのでリリースしました。
と言うよりも寒すぎて、写真どころじゃなかったです(笑)。
とりあえず、お試し釣行は普通に成功かな(笑)?

次の時までに現地の釣具屋に行って色んな物を揃えて臨みます!
category
釣り・フィッシング!

ヨーロッパ釣り紀行 食文化編 Part2

現地に来てから、天候が悪いために釣りに行けなかったりするので、取りあえずまた食文化編で釣りに行けるまで「つなげ」ておこうかなぁ~とか考えています(笑)。

今回紹介するのは、日本でも良く食べられている「ロールキャベツ/ポーランド版」です。

P1007579_convert_20080720061926[1]

何が違うかといえば、付け合わせがあります。ジャガイモです。
見た目もかなり大きいです。
で、味の方は・・・日本と違いクリームをふんだんに使っていて濃厚な味ですが(各家庭によって味付けは違ってきます)、大変美味しいです!
決定的違うのは、中身の具です。ポーランドのロールキャベツには「米」が入っています!
これは日本では見られない特徴です!しかも濃厚な味付けにピッタリとその米が合い大変美味しく頂けるのは先人の知恵か!とか思ったりもします(笑)。

う~ん~中々侮れない食文化!
そんな事よりも天候が早く回復してくれないと、釣りにいけない・・・!
category
旅・旅・旅!

ヨーロッパ釣り紀行 食文化編 Part1

ところ変われば、品変わる。
ところ変われば、魚も変わる。
ところ変われば、食べ物変わる。

カテゴリは取りあえずタイトル「釣り紀行」なのですが、まあ、取りあえず「旅」で(笑)。

釣具屋でも売っている物は日本とぜんぜん違うと同様に食文化も大きく違います。
ポーランド人は中々米を食べません。やはり芋類系が中心となります。
慣れればそうでもないのですが、なれないと中々どうして、きついかも知れません。
しかし、ポーランドの食文化は意外と日本人にも合う物が多いのも特徴の1つです。

今回紹介するのは、ポーランド版「日本の味噌汁」とよく紹介される伝統料理の「ジュレク/Zurek」です。

P1007551_convert_20080716150620[1]

ジュレクは発酵したライ麦で作られたスープでよく家庭でも作られています。
ビーツと一緒に食べられます。
ポーランドを紹介している雑誌等には「ポーランド版の日本の味噌汁」とか書いてあるのですが、最初食べたときは「味噌汁の味ではないよなぁ~」と思いました。まあ、後から調べると、発酵したライ麦を使って作られているので、同じ発酵食品としては共通していると言えば言えますが(笑)。
味はあっさりとしていて、寒い時にこれを飲むと直に温まります!寒い国の料理には打って付かも知れません。

category
旅・旅・旅!

いざ、ヨーロッパへ

期間限定の「2008ヨーロッパ釣り紀行編」スタートです。と言っても時々ジャンルは飛びます。

飛行機に揺られること、10数時間。成田を出発してコペンハーゲン経由のポーランドはグダニスク(時々グダンスクとも言うのですが、どちらが正しいかはちょっと不明)に降り立った。

おお~2年ぶりのポーランド!
前回は「ヨーロピアン パーチ」が釣れて(しかも運良く)今回もがんばるぞ!
と思っていた矢先、今年のポーランドが意外と気温が低いことが現地で判明・・・!
やばい!持ってきた服は夏用のものばかり・・・!少々寒い気がする中、とりあえずはグダニスクの郊外の町まで移動。

周りには自然豊かで天然のコウノトリがいます。
ただし、このコウノトリはシュバシコウです。
ですが、このシュバシコウはコウノトリの近縁種で姿その物は口ばしの色の違いさえのぞけば、コウノトリそのものです!
7250134_convert_20080716142532[1]
実際に現地で撮影したコウノトリです。

日本から管理釣り場道具を持ってきたのですが(リール、ルアー)、多分これじゃかなり怪しいので後ほど現地の釣具店で道具等を揃えて釣りに望みたい!と思っています。

どんな事が待っているのやら(笑)!?
category
釣り・フィッシング!

ヨーロッパ釣行前の奥多摩フィッシングセンター

先日、奥多摩フィッシングセンターに本年度2回目の釣行に行って来ました・・・!

200711senta.jpg
写真は2007年7月11日

前日の予報では「降水確率50%」だったのですが、当日は晴れ!
コンディションも絶好でしたが、思ったほどに釣果は伸びず、魚を放流してもらっても余り追っかけて来ないという何故か不思議な情況の中の釣りでした。

この日は仲間達と行き、彼等は餌釣りを楽しんでいたのですが、全くと言って良いほど魚は掛からずの状態が他のアングラー達も同じような情況でした。珍しい。

釣った魚はその場でBBQしましたが、予想した情況ほど釣れずに個人的にはガッカリしています。
ドラグの調整が甘かったせいで1軍ルアーを数個ロスト・・・(涙)!
特に急な流れの中でのラインブレイクは本当に痛かった・・・!

ある意味、色んな勉強をやりました。
ヨーロッパでは腕試しをしてきます!
category
釣り・フィッシング!

紀州和歌山ラーメン まっち棒

渋谷を歩いていたら目の中に飛び込んで来たのが、この怪しい看板(笑)。Image361.jpg


「ラーメン大戦争」・・・これって「妖怪大戦争」のパクリでは(笑)?
とか思いつつも、たまには「こんなバグ系の店も良い経験だ」と小腹も空いていたので飛び込むと・・・

4階建てのビルの1フロア事に入っているお店が違います。
4店全て系統も違えば味も違うお店が競い合っています。
アイディアとしては「ラーメン博物館」っと言った所でしょうか。

全てのお店を回るほどお腹は減っておらずとりあえず、ピンと直感で来た店を選びました。

「紀州和歌山ラーメン まっち棒」!おお~!和歌山ラーメンとか食した事ないし!
と思い2階のお店へ直行!
店内はこじんまりとしていますが、店員さん達の愛想は大変良いです!

待つこと数分・・・
出てきました!「紀州和歌山ラーメン」!

Image362.jpg


今迄に見たこと無いスープの色です。しかも。甘い香りがしています!
早速、スープを頂くと、おお~!濃厚な味かつ甘い・・・しかも麺は大変極細です!
大変、美味しかったです!

後から知人達に聞いたところ、お店はチェーン店だとか(笑)。
チェーン店と知っていたら行かなかったかも知れないですが、行って新しい味を知れてよかったです!

ラーメン・・・色んな店を行かないと駄目なんだなぁ~と改めて再認識しました。
category
ラーメン

恵比寿塩ラーメン AFURI あふり

先日行って来た、恵比寿塩ラーメンの店「AFURI あふり」です。

今まで塩ラーメンとか余り食べたことが無く、以前から目を付けていたので時間が合った時には是非行こう!と思って出掛けました。

Image359.jpg

恵比寿駅から歩いて数分の場所

このお店に行く直前でした。TVで紹介されていたので「な~にか嫌な予感するなぁ・・・」
と思って止め様かと思ったけど、行きました。

店内は小奇麗なBar見ないな様子です。
ただ、食券を買う場所が狭くまた店員が席を誘導するので、昼時とかは混むんだろうなぁ~と感じます。

さて、普通の「塩ラーメン」を注文しました。
店員達の働く様子は簡単に見れます。

そこで驚いた事が1つ!
ここのラーメンはお客さんに出す時に、直前に「チャーシューを炙る」のが売りの1つですが、見た感じそんな様子は全く無く、黙々と盛り付けをしていました。

「チャーシューどこよ?」って感じで見回すと・・・既に作り置きの物がありそれを乗せていました・・・

ガッカリ・・・

でも取りあえず出てきた物を頂くことに・・・
Image360.jpg


味は・・・これまたガッカリする味で、期待していた分だけ落胆も大きかったです・・・
やっぱり「炙りチャーシュー」とか売りなのに全然違うことやる位だからかなぁ・・・

本当に「美味しい塩ラーメン」に出会う日は何時の事やら(笑)?
category
ラーメン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。