Entry Navigation

Fishing Cafe

先日、Book Offで本を見付けました・・・その名も「Fishing Cafe」

Image034.jpg

チラリと中を覗くと・・・意外と面白い!
ので速攻で購入した。定価で買うと¥571だったけど、中古なので¥100♪
買った時は中身よりも、この価格に惹かれたのかもしれなかった(笑)。

さて、この「Fishing Cafe」は単なる釣り雑誌ではなくて、意外と著名人やその道の達人達のつりに対する熱い思いがギッシリと詰まった雑誌だ。ただ、ここに登場する達人は有名な方々ではなくて、ある意味マイナーだけど、その世界で知らない人は居ない!って言う感じの人達です。
ただ単に、今回購入できた本が、その様な方々の特集だったのかも知れませんが・・・。

「Fishing Cafe/Autumn 2008 Vol.30」の裏表紙を良く見てみると・・・
あ!何と、この雑誌の発行元は「シマノ」です!知らなかった(笑)!
そんな訳で、HPを探すとありました。
http://fishingcafe.shimano.co.jp/project/project.html

う~ん~、安い割に中身はシッカリとしているので、どこの会社かと思いきや「シマノ」だったとは。
年に3回の発刊。2001年からのスタート・・・!

知らなかった~!釣りのテクニックとかは余り載ってないけど面白いです!
チャンスがあったら購入しなくては!出来ればBook Offで(笑)!
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!

ヤマメ

先日の奥多摩FCでは、な、何と!ヤマメをGETしました!

P3020100.jpg
綺麗なヤマメ!

最初に釣った時は、あれ?ニジマスかな?と思っていました。
時々、ニジマスにも同じようなパーマーク(斑点)が出ている時もあります。

しかし、2~3尾釣り上げるうちに、どうも、ニジマス独特の引きではなく、グィグィと底に持っていくような独特の引き方をしました。釣り上げてみると、顔もスマートでカッコイイし、クッキリとしたパーマークが魚体に現れています!

どうやら、これが「ヤマメでは?」と思いつつも確信できない。
自分が今まで釣った事がないので、どうしても自信がない・・・。

とりあえず、帰りに事務のオジサン達に聞こう!
と思い、釣行を済ませ捌いてもらっている時に「今日の中にヤマメいますか?」と尋ねると、
「いるいる!3尾いるよ!よく釣ったね!」とオジサンはニッコリと微笑んでいました!

「やった~!今日、生まれて初めてヤマメ釣りましたよ!」と釣った時の状況などを話しました。
事務局のオジサン達が言うには、ヤマメは放流しても直ぐにルアーは追わないと。少なくとも1日経過しないと無理だと。更にイワナは放流して数日経たないとルアーは追わないと・・・。イワナの方が難しいんだ。

何はともあれ、奥多摩FCで、いや人生で初めてのヤマメを釣った感激は忘れません!
ヤマメの釣り方が、少しだけ分ったような・・・いやいや、全然分らないけど(笑)。
奥多摩フィッシングセンターは現在もヤマメを放流しているようです!
category
釣り・フィッシング!

奥多摩フィシングセンター

3月1日に奥多摩が解禁!それに伴って奥多摩FCも営業時間が7時~になりました!
いや~これって本当に良いんです!冬季の7時30分って待つのが辛かったし(笑)。

さて、奥多摩本流の解禁日の次の日に早速、奥多摩FCに釣行に行って来ました。

210227senta.jpg

この日は平日にも関わらず、意外と多くの人達が営業前から来ていました。
まあ、とりあえずオープンと同時にルアー(先発オレキン)を投入!
早速のアタリ!での乗らない・・・!
を数度やりながら、タナとポイントを探り、更に数投後に奥多摩FCアベレージサイズが上がったのを切っ掛けに、怒涛の連続Hit!&怒涛のバラシ・・・。
奥多摩FCのHPには多い人で「20尾位」と書いてあったので、それを目標に頑張りました。

この日のアタリカラーは「オレキン系」。アピールカラーは直ぐに飽きられるのですが、この日ばかりはオレキン系にガンガンアタックしてきました。それと、前回の奥多摩FCでは全く見られなかった反応もありました。それは、プラグにもバイトする事です。反応はかなり良かったです。徐々にトラウト達の活性も上がってきている!と言った所でしょうか。

放流前に意外とキャッチする事が出来て、気が付けば最終的には24尾!
管理事務所のおじさん達もビックリ!自分もこの時期ではビックリ(笑)!
釣りすぎたお陰で腕が痛くて痛くて・・・でも心地よい疲れです。

今回もやはり色んな課題を発見。
最大の課題は「ランディング」だと思いました。
ネットを地面から持ち上げる瞬間に、あっ!と言ってバラスのが数尾・・・
ネットインの瞬間って最も難しいのかもしれません。
フィシングショップの店員さんに、また聞いてみよう!
それと、釣れない時間帯の時の対処方法。
これを上手く乗り切ると、もっと数が上がるだろうなぁ~と思います。

スギ花粉が舞い上がった奥多摩FCでしたが、大変良かったです。堪能しました!
category
釣り・フィッシング!