Entry Navigation

チャネルキャットフィッシュ

約1ヶ月以上、更新もままならない情況でしたが、そんな中で気になる記事が・・・

「福島県の中央部を流れる阿武隈川で、北米原産のナマズ科の魚が数多く生息していることが判明」
一体どんな魚だろう?と思い写真を見ると・・・

20090523-00000003-jijp-soci-view-000.jpg

見るからに、バリバリの外来魚です。
名前は「アメリカナマズ科のチャネルキャットフィッシュ」

本来は流れが余り無い湖や沼に生息しているそうですが、今回は阿武隈川での発見。
しかも増殖中だとか・・・・泳力を獲得して繁殖しているのでしょうか?
何気なく買った人が飼い切れなくなって、河川に遺棄した物が繁殖しているのか?
詳しくは分らないですが、阿武隈川と言えば、Nativeの岩魚や山女と日本のトラウト達も住んでいるので(もっぱら、彼らが住む渓流にまでこの魚は入り込めないとおもいますが。いや無理でしょうね(笑))、チョット気になります。

しかし、気になると言えばこの「チャネルキャットフィッシュ」の御味。
試食者によれば「見た目は普通の白身魚。臭みもなくおいしい」との事。

この「チャネルキャットフィッシュ」は別名「アメリカンキャットフィッシュ」。通称「アメキャ」。
岐阜県ではかなりの高級食材として扱われています。
阿武隈川産だったら、綺麗そうなので食してみたいです。

外来種は見た目は「うっ!」と思うのですが、味は中々の物があります。
「キャッチ&イート」で外来種も扱っていけば、より良い環境が出来るのになぁ~と思っています。
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!