Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

サクラマス

ヤマメが河川を降海して海で育った物が遡上すると・・・サクラマスです!


l_masu200903.jpg
肉質も赤身!凄い貫禄があります・・・!

いや、サクラマスとか釣った事無いんです。
でも憧れはあります・・・!

近所のBook Off で先日購入した「Gijie サクラマス2008」・・・定価の半額だったので思わず買いました。定価は\1740です。

このサクラマスの生態は面白いです。
ヤマメの中のメスグループが降海します。その中に若干オスが混じるそうです。
河川で孵化してから1~2年生息して、その後に降海して1年後に遡上するそうです。

と言うことは・・・河川に残っているヤマメは殆どがオスで、サクラマスは殆どがメス。
もちろんオスのサクラマスもいます。この辺りは興味深いです。

3083_1.jpg
真ん中の赤くて大きい物はオスのサクラマス。周りの小さいのはオスのヤマメ。

海の生活に入ると甲殻類や小さな魚などを食す様で体も大きくなります。
昨年度の大きな物としては福井県の九頭竜川で上がった73.8cm、5.1kgと言うサイズです!
雑誌の写真を見ると・・・なんか、モンスターです(笑)。

サクラマスを狙って釣る人を「サクラ・フリーク」と言うそうです。
このサクラマスは一応、1年中釣れるそうですが、どうやら秋には釣れなくなるそうです。
もっぱらこの時期は禁漁期間の時期と重なっています。
でも、この禁漁期間も各都道府県によってバラバラです。一般的には1月~6月一杯位が目処みたいですが、変則的な遊漁期間も検討されているようです。

管理釣り場でもサクラマスは放流されています。
釣った事は無いのですが、引きも強くそして味もかなり美味らしいです!
管釣りのサクラマスは寄生虫の心配が無いから、生でもイケるそうですが、天然物は寄生虫の心配があるそうです(どの程度か分りませんが)。

桜が咲くシーズンに最も釣れるサクラマス。
天然物は引きも強いんだろうな~。サクラマスを釣り始めて、数年経過しても、釣れない事もあるそうです。幻の魚だな(笑)。

こんなサクラマスですが天然物は絶滅の危機に晒されているそうです。
この辺りを少し調べてみたいと思います。

天然物は無理でも、チョット管釣りで釣ってみたいなぁ~!
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。