Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

奥多摩FC 吹雪編

今週は時間があったので、2週間ぶりに奥多摩FCに行ってきました。

しかし、天気予報は「晴れのち雨」の大荒れの予想・・・
でも時間がある時にやはり行きたいので、行ってきました。

電車から御岳の山々が見えてきたと同時に・・・外は吹雪・・・
駅に着くと、大きなボタ雪が吹き荒れる最悪のコンディションの中での釣行です!

Image442.jpg
見えずらいですが、奥多摩FCの前の山には雲が掛り吹雪いてました・・・!

ただ、前日に購入したAnglingfanの王様コーナーで「チョットの吹雪の方が魚はあがるよ!」みたいな事を書いていたのを思い出し、そうだ、頑張ろう~!とか思いスタート!

が、エリアには数人の人しか居ない状態で、しかも11時くらいまではルアーエリアは貸し切り状態!
やった~!初めてだ!先日習ったキャストを自分なりに調節したり、今まで投げた事ないルアーを投げたりと、満喫しました。

朝方は気温は思ったよりも寒くなかったのですが、午後位から時折御岳山からの吹き下ろしの吹雪がきつくて、キャストもままならない状況が1時間おきに位、10分程度続く状況は辛かったです!

前回と違うところは、11時位を回ると、上流のダムで観光放水(いつも思うのは、上流のダムってそんなに人が来るのかなぁ~?)が始まるので増水します。そこで、今回活躍したのは「セルタ/スピナー」です。水温が低いので、余り追って来ないだろうなぁ~って思って投入したら、1投目からヒット!こちらもビックリ(笑)!
意外と使えるセルタのスピナー!このスピナーは注目です。ただし、ドラグの調節を偶々ミスってラインブレイクされたのは痛かった・・・(涙)!

魚も午後になると、ほとんど動かなくなりました。
3時を回るころにはエリアは自分のぞいてたった1人という状況だったので、早めに帰宅しました。
全体の釣果はいつもの半分くらいでしたが、いろんな発見が出来たのでこれはこれで良かったです。

気温と水温が上昇する今後に更に期待をかけて奥多摩FCを後にしました。
次回も楽しみです!

Image444.jpg
帰宅時には晴れました。ちょっとレトロな感じがする駅名が入った看板をパチリ♪
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!

ヨーロピアンパーチ

最近思っている事を少し。

以前書いたヨーロピアンパーチの生息可能域が知りたくなりました。

P8230361_convert_20080824141737.jpg
久しぶりの登場!

ヨーロッパ(東欧では湖・池等には殆どいます)では色んな河川や湖水に生息しいるこのパーチ。
実は、汽水域(河口等)に行くと、なぜか生息しているのにもびっくりします!
まあ、スズキ目(パーチ科)なので浸透圧あたりの調節は効くと思うのですが(勿論、スズキ目だけ浸透圧調整が発達している訳ではありませんが)、チョットだけ不思議に感じました。

ブラックバス(スズキ目サンフィッシュ科)もかなり汽水域にも進出していると習った事があります。
だったら、スズキ目の活動域は結構広いものがあるなぁ~と思ったりしています。

魚の遡上系については、また改めて自分でビックリしたこと等を書いてみたいと思います。

さてヨーロピアンパーチが河口~海水域のどの地域まで進出できるか分かりませんが、個人的には気になります。

以前も書いたのですが、このヨーロピアンパーチの味は本当に「濃厚でしっかりとした味」ですので、個人的にはパイク系が釣れるよりもかなり嬉しかったりします!
category
釣り・フィッシング!

トラキントーナメンターの方々

先日、上州屋渋谷店でのイベントでトラキンのトーナメンターの方々が来る!と情報を得たので早速足を運んでみる事に・・・でも前回IOSのイベントの件もあり、ちょっと緊張してしまった(笑)。

とりあえず、チャンスがあれば質問をしてみよう!
と思い足を運んでみると・・・あれ?いない!あ~忙しいのかなぁ~って思って少し展示してあったリリーサーを見てたら・・・「どうですか?今回のリリーサーは!?」と気軽に声をかけられたので、振り返ってみると・・・

releaser2.jpg
価格は¥9800(税込価格¥10290)。結構高いのですが、しかし、これには意味がありました。「1つの物を大切に扱って欲しい」との思いもあるそうです。リリーサーは結構奥が深いです。

Anglingfanでも御馴染の「宇仁菅(うにすが)さん」が居た!
うわ~本物だよ~!って思い少々緊張したけど、凄く気さくな方で色んな質問を受け付けてくれた。
特にリリーサーとか持っていないし、使用した事もないので(奥多摩FC落ちてないかな(笑)?)、リリーサーについての細かな質問等をしてみた。本で読むよりも分かりやすかった。リリーサー購入したくなったな(笑)。
リリーサーについて一通りの質問が終わったので、次はプラグの質問をしてみた。これまたためになる回答を得られた。

次にキャストする時のポイントを聞いてみた。と言うのも、時々キャストがテンプラ状態になるからだ。
使用しているロッドの種類を言ってキャスティングのポイントを聞いていると、宇仁菅さんは一緒に来られているMax田中さんを呼んでくれた。
「宇仁菅さん&Max田中さん」御二人による大変贅沢な講義を受ける事が出来た!
ある意味、これは凄いよ(笑)!御二人には本当に初心者的な質問等をさせてもらったけど、大変丁寧に答えてもらい大感激してしまった!キャスティング、合わせの取り方、ルアーのカラーリング、ケイムラの使用方法、また裏話等と色んな事を話す事が出来た。

当たり前かも知れないけど、現役トーナメンターの方々は知識量&経験量は凄いものがある。

時間を計っていたわけじゃないけど、約1時間くらい。大変有意義な時間を過ごせた。
御二人と話していたら「いや~自分もトーナメント出場してみようかなぁ~?」とか一寸だけ無謀な考えが頭の中を駆け巡ったけど(笑)、御二人の戦績を見てみると・・・自分は何と愚かな事を思ったのかと反省した(笑)。

ただ、少しだけ残念なことが・・・
御二人の写真を撮るのを忘れた事と特別展示品を買う事も忘れてしまった・・・!
話す事とその内容を覚える事だけに集中してしまった(笑)。

でも大変勉強になった。御二人の言葉を心の中に残し、忘れそうな事はメモ帳に書き落して御二方と別れた。
次回はどこかのエリアで御会い出来たら大変うれしい~!
category
釣り・フィッシング!

オリカラ

Shopによっては既製品のルアーカラー以外に独自で色を付けて出している「オリジナルカラー(通称オリカラ)」を販売している所も多々あります。

既製品カラーよりもオリカラの方が反応良かったりするので面白いです。

Image418.jpg
先日購入した「スキマルのオリカラ」

このオリカラ商品等は関東近辺だけのShopが独自に販売している物と思っていたら、いやいや日本全国のShopも限定品とかで販売しているそうです。中には通販とかはやらずに、現地購入しか出来ない物もあるみたいです。

オリカラ作るのには色々とエリア行って試してそれをFeedbackして思考して又エリアに・・・と販売までかなり時間を要するそうです(当たり前といえば当たり前か)。

で、実際にオリカラルアーの威力はと言うと、エリアの場所に左右される物もあれば、どんな場所も選ばず効く物もあると思います。実際に「ストリーム系で効きます!」と薦められた物を使用してもサッパリ釣れなかったりすれば、その逆もあり「ストリーム系ではチョッと・・・」と言われた物を使用したら意外に釣れたりと、これまた難しいです(笑)。

既製品の色が凄く絶好調!の時もあれば、オリカラが絶不調の時もあり、当然の事ながらその逆もあり(笑)。

ただ1つ言える事は製品化されるまでに長い時間を掛けて誕生したので(既製品の方もそうですが)、購入したら大事に使用したいと何時も思っています。

因みに、オリカラで釣れると、どうしてもその色に愛着が湧き更にその色を欲しくなるのは人の常?なのかな(笑)。
category
釣り・フィッシング!

プライヤー

実は昨年度、プライヤーを購入しました。
でもって1度も使用した事無かったです・・・今まで「爪」でスプリットリングを開けてました・・・。

いや、必要性が無いのかなぁ~って思いつつもチャンスがあったら是非購入してみよう!
と思っていたある日、中古shopで見つけた思いがけない物と、値段。

Image420.jpg
\250なり。かなり使用している感が否めないのですが。

早速使用してみる(今年に入って初めて)。が、これが全然使えない!
リングが開かない!ええ~!?マジで~!?って感じで時間ばかりが過ぎる・・・。

結局30分以上かかってリングを取り付けるルアー達と格闘・・・。
イライラだけが募り頂点に他するのが分かる・・・!
しかも赤いリングを買ったものだから、その色がはげるのが痛ましい~!

仕方が無いので、やはり又もや「爪」でやってしまった・・・。
そちらの方が速いのです(涙)。

奥多摩FCから帰って来た時、プライヤーとは使い勝手が悪いんだなぁ~!

と思っていたのですが先日とあるshopのポイントカードが意外とあることに気が付いたので、
1度キチンとしたものを買ってみようと思いいざ購入~!

Image419.jpg
小さいけどガマカツ製。

とりあえず、早速半信半疑で使用してみると・・・おお~!凄い!
サクサクかつ軽やかにリグが開く~!今までの苦労は何だったのだろう!?
こんな事なら早くから買っておけば良かった!

エリア必需品の道具と言われる物はやはり揃えて置かないといけないと痛感させられる出来事でした。
category
釣り・フィッシング!

ハイプレッシャー

エリアは時折ハイプレッシャーに見舞われます。
奥多摩FCも例外ではありません。

220313senta.jpg
週末や連休の時によくある典型的な光景です(2010/3/13sat)。

この様な時に他のアングラーを見てると(いや対岸にいると嫌でも見えますが(笑))、気が付いた事が少し。
それは「余りルアーをChangeしない」事です。
自信と信念もって投げているのか、はたまた取り替えるのが面倒なのか・・・。

僕は1つのルアーで粘る事は余り無く、数投したらルアーチェンジをするという事がしばしばです。
これが良いのかどうかは分かりませんが、奥多摩FCの川幅等を考えて、そして状況がハイプレッシャーの時、かなり頻繁にルアーを替えないと釣果は上がりません。

ただし、ルアーチェンジをマメにやっても釣果がUpしない時もあったり、対岸の人が全然ルアーを替えてないで凄く粘り同じ色で釣り上げたりしたのを見ると・・・「どうして!?」と思うこともしばしばです(笑)。

ハイプレッシャー時での釣行は何時も難しいので、その日の作戦を考えては壊し、考えては壊しの連続で組み立て行く楽しみ方もありますが、ハイプレッシャー時を避けてのエリア攻略の方が楽しみです(笑)。
category
釣り・フィッシング!

奥多摩フィッシングセンター

昨年の7月以来、台風やら爆弾低気圧とかで、逃しに逃した奥多摩FCへの出撃・・・
でも先日(3月15日)に久し振りに行ってきました。

が、先週からの雪はまだ残っており、駅に着くとこんな物があり不安がよぎります・・・
Image412.jpg
残雪。スゴイまだ溶けないくらい気温が低いのが目でわかります。

体感気温はそこまで低くないなぁ~と思いながら奥多摩FCに着くと、懐かしい顔ぶれの管理局の方々がなにやら、怪しい行動をしています。川原で「鵜」を追い払っているのです。
一人のオジサン曰く「鵜毎日のように飛来しては多量の鱒を捕食するんだよなぁ~」と・・・。
確かに水面には魚の影は全くありません。いや~今日は大丈夫かなぁ~と思いながらも、用意して開始時間にStart!

何時ものドナのオレ金から投げてみると・・・凄い活性が高い!
「何なの?この今まで体験したこと無い奥多摩FCの高活性!」
逆にビックリして3連発バラシの後、4投目。上がって来たのは奥多摩FCの平均サイズ25cm位のを皮切りに、あれよあれよと気が付けば10数尾。ここまで1時間足らず。普通なら1時間も続くわけ無い、オレ金系の派手カラー。微妙にカラーローテーしながらも、使うのは派手系ばかりで更に2時間位は持つと言う変な活性状態。
これには、本当に釣ってる方も感覚が変になります。

変といえば、デカマスが掛かっても余り暴れずネットに収まったことも奇妙でした。
普通ならガンガン走るのに、緩々と寄ってきてスッポリとネットに入る状態は大変不思議。
多分、雪の影響で動きが鈍いんだなぁ~、と予測。実際にこの日の水温はかなり冷たく、グローブは要らないだろうと思っていたのはまずかったです。気が付けば指の先は痛くて痛くて(笑)。

さて、大変長いプライムタイムもようやく終了。
魚達も落ち着いてきたので、買ったばかりのクランク類や、先日購入したキクチミノーを試投。
キクチミノー!動きは面白いように良いです。ただ、魚の活性が落ち着いたので余り追って来なかったですが、大変良い動きを見せます。もう少しだけ潜ってくれると良いかなぁ~って思っていましたが、先ず先ず出だしです。
試投の間にも数尾をget。そうしていると放流タイムに突入。

オレ金にルアーを変えて放流魚が川に馴染んだ所を見計らって・・・
ルアーを投げると・・・凄い!凄すぎる~!1投ごとに1Hit!!!
なんか、釣り番組みたい(笑)!こんな経験はルアー釣り始めてから本当に初めての体験!
10投して10Hit10Catch!
絶対に今後あり得ないだろう貴重な体験をしました。
で、気が付けば、シラフも満杯になり2つ目に突入。余りの重さに最初のもは破けそうになっていました。
釣りをスタートしてから、3時間が経過する時にはもう、腕が痛くて痛くて、ロッドを振る気にも余り無くなってしまいそうでした(笑)。

でも、こんな時こそ、色んな事にチャレンジできる機会。
放流魚のプライムタイムが終了すると、今度は地味系のローテーションで攻めると・・・
おお~初めて成功したローテーション(笑)。なるほど、トーナメンターの方々は「当りカラーを見つけかつ、ローテーションも上手くやるのだなぁ!」と本の少しだけ境地を悟りました(笑)。

デカマスもkeep出来たので、今年初めての奥多摩FCとしては十分過ぎるほどの出来でした。
Image415.jpg
凍らすと体が縮みかつ曲がるので小さく見えます(笑)。
因みに今回の持ち帰る時の重さの合計はおよそ5~6kgでした。腕が痛くなるわけです。

ただ、反省点も多々あり、キャストも時々「テンプラ状態」になったり(焦っているとなりますね)、ルアーLostしたりと・・・う~ん~まだまだ技術を上げたいと思いながら、次回の奥多摩FCにつなげたいです!
category
釣り・フィッシング!

ハンドメイドルアー

今回も中古ショップで見つけた「有名だけど(多分)名前が分からないハンドメイドルアー」です。

P3060001.jpg
綺麗な仕上がりです。

さらにもう1つ
P3060004.jpg
レインボーです。

この2つのルアー。いつもの様に下衆の勘ぐりでAnglingfanの雑誌の記憶の片隅を辿っていくと・・・
2009年5月号の特集に載っていた「遠藤龍見氏のシリーズ/ウッドベイト」に似てるような・・・
う~ん~でも「ウッドベイト」だったら左頬に「WOOD BAIT」って感じで刻印があるはずが、このルアーにはない。
その代りに頬っぺたをよく見てみると・・・
P3060009.jpg
何やら・・・「I(かな?)60」なる刻印が・・・

さらに裏側のほっぺを見てみると・・・
P3060011.jpg
「2009」とハッキリと刻印が刻まれているのが確認できます・・・!

P3060015.jpg
レインボーには「09」の刻印が見えます!

2009年、限定のハンドメイドルアーなのかな・・・?多分そんな気がしますが、このルアー達の名前が分からないんですね・・・
ハンドメイドルアー前提で書いていますが、もしかしたらハンドメイドじゃないかも知れません。

う~ん~・・・分からない(笑)。でも興味がある購入したこのハンドメイドルアー。
作者が分からないのも、これまた一興でしょうか?
category
釣り・フィッシング!

キクチミノー

前回の続きになるのですが、08バイオマスターを購入後、店内を物色していると・・・
おや、見慣れないルアーを発見。しかも、中古なのに結構な値段が付いてます。

しかも見覚えがあるルアー。それは、2009.2月号のAnglingfanの特集で出ていたハンドメイドルアーにそっくり。
それも、泉和摩氏プロデュースのHMKLミノーにそっくりです!

ま、まさか・・・!?心トキメキでも内心、懐疑的になって値段を見ると・・・
安い。知っているHMKLミノーの半値以下・・・

う~ん~、とりあえず店員さんに聞いてみると「スイマセン!自分も分からないです!」との返答が。
迷った挙句、まあ、物は試しで買ってみよう!と数個購入。通常新品で売っているメーカーより若干高い程度。

家に持ち帰り、よく観察してみると・・・
P2250165.jpg
似ているようで何かが違う・・・HMKLとは何かが違う・・・

よくテイルの方を見ると・・・何やら「SFX」と書いてある消えそうな文字が・・・

分からない(笑)。ハンドメイドルアー何て今まで買った事もないし使用した事もない。
とりあえず、もう1つのものをじっくりと観察することに・・・
P2250167.jpg
やはり、よく分からない(笑)

兎に角、Anglingfanを今一度紐解いて・・・HMKLミノーと似ているものを探すと・・・
アイが水平になっているルアーは「キクチミノー」だけしか無い事が判明!

となると、キクチミノー&SFXで検索すると・・・おお~なんとか発見!
どうやらハンドメイドルアーの量産品(高密度発泡素材を使用)らしい。動きは良いそうですが。
P2250168.jpg
目の後ろ辺りに「Kikuchi」らしき刻印が(笑)

ちょっとガッカリしたのは事実ですが、まあ、HMKLとか本物のキクチミノーと比べると半値以下なのはうなずけます。
ただ、すごいオークションとかには中古でも頻繁に出品されているようです。
評判も良いようで、エリアで使用してみるのが楽しみです。

疑問としては、この「キクチミノーSFX」は何時頃販売されて、定価がどの程度か分からないです。
どこにもこの辺りは載ってないので、知りたい所です。

ハンドメイドルアー。謎を解くようで面白いです。

実はまだ、この「ハンドメイドルアー謎解き編」には続きがあります(笑)。
category
釣り・フィッシング!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。