Entry Navigation

十津川村漁協、養殖アマゴやむなく放流

何とも言えないニュースですが、放って置く訳にはいかない記事です・・・!


「台風12号豪雨:十津川村漁協、養殖アマゴやむなく放流」

 奈良県十津川村の漁業協同組合は、台風12号(2011年9月4日~5日かけて紀伊半島を直撃)の豪雨被害による断水や停電で養殖アマゴの飼育ができなくなり、今月初めに約3万8000匹全てをやむなく熊野川に放流していたことが分かった。来春、放流する稚魚や卵の購入、土砂崩れで壊れた導水施設の復旧に多額の費用が見込まれるほか、熊野川への土砂の流入で釣り人の足が遠のく恐れがあり、養殖事業への打撃が懸念されている。

 組合は例年、成魚で仕入れたアユやウナギ、フナ、コイを放流。アマゴは10月ごろに採卵し、ふ化させた稚魚を翌春に熊野川の本・支流に放流し、一部は出荷用に養殖池で育てている。放流された稚魚は川で1年間成長し、翌年の3~9月に漁期を迎える。昨年は、アマゴやアユなどを求めて同村に釣り人約2500人が訪れ、遊漁料収入は約1000万円あった。

 アマゴの養殖池は直径約8~12メートルで、熊野川支流の西川近くに三つある。アマゴは「清流の女王」とも呼ばれ、夏でも水温21度以下のきれいな水が欠かせない。組合は、山の湧き水を約2キロの導水管で池に引き込んでいた。

 しかし、3日夜の土砂崩れで導水管が寸断。間もなく停電もし、非常用発電機で別の池から水を供給したが、4日には燃料が底を突き、稚魚と成魚約3万5000匹を放流せざるを得なかった。5日はさらに採卵予定の親魚約3000匹も放し、養殖池は空になった。

 組合の勝山典男主任(42)は「車のガソリンも使って非常用発電機を回し続けたがだめだった。アマゴを養殖池に置いておくと全滅するので、少しでも生き残ってくれることを願った。川が荒れてしまい、どれだけ生き残れるか分からない」と心配している。
~原文抜粋~

News from Sep,24,2011,Mainichi jp

このニュース読んだ時に、以前奥多摩FCがかなり大きな被害に遭った時の事思い出しました・・・。
それは3年前の台風の時です。

今回の台風15号よりもかなり、甚大な被害が出ました。
蓄養池まで被害が出た時です。
その時の様子(心境を)管理事務局の方々に聞いてみたら、おおむね「魚達を逃がせばよかった!」
と言って悔やんでいました・・・!

多摩川は在来種の他にも虹鱒等が放たれています。
その是非は正直言って分からないのですが、命を助ける!
と言った意味では、奥多摩FCの方々の苦悩は分かりました。

「十津川村漁協」の方は「アマゴ」なので在来種だと思います。
生態系等に余り影響はないと思いますが、漁協の方の気持ちを察するにあまります・・・。

今年は自然災害の多い年ですが、頑張って行かなくちゃ!って思う次第です・・・!
スポンサーサイト
category
釣り・フィッシング!

奥多摩FC またもや再開延長・・・!

昨日の台風15号の影響で奥多摩FCの営業再開はまた延期となりました・・・!

230922senta.jpg
2011.9.22 AM6:00の写真

う~ん~、予想以上にひどい状況です・・・!
HPによれば「9月中の再開は無理」だそうです・・・!

自然河川を利用しているから、大雨、台風等には滅法弱いです・・・
そう言った意味じゃ、渓流の釣りと遜色ない様な感じがしますが・・・

それはさて置き、台風一過の東京の空の下は快晴です!
でも、奥多摩FCは増水の真っただ中・・・!!!

多分、何事もなく、このまま水が引くには5日~7日程度。
そこからの復旧となると・・・最低10前後。
奥多摩FC再開は、多分10月中旬では?と見込んでいますが・・・

こればっかりは、自然が相手なので読めません・・・
早く元の姿に戻る事を祈るばかりです・・・!

頑張れ~!奥多摩FC~!
category
釣り・フィッシング!

アユの塩焼き

先日の長野遠征のチョッとした続きを・・・

最終日のメニューには「アユ」が登場しました!
多分、天然とかではなくて、養殖だと思うのですが、コンガリ焼こう!と思い炭火にかざしました・・・!

1 (190)
結構大きかったんですよ!

味の方は、問題なく「超美味!」でした(笑)!
「鮎」って美味しい~!と再認識させられた「アユの塩焼き」でした。

いやいや、岩魚狙いが一転して最後はアユだとは・・・
でも、本当に楽しかった長野遠征でした・・・!

長野は本当に良い所です・・・!
category
釣り・フィッシング!

奥多摩FC 台風の爪痕!

先日の台風12号は列島に大きな被害を与えたのは記憶に新しい所です・・・!

東京の平野部では風は強かったのですが、雨はそこまでひどくなかったです。
が、奥多摩FCを含む山間部の方はかなり打撃が大きかった模様です・・・!


230903senta.jpg
写真は9月3日

かなりの、水量です。HPによれば、あの「平成19年9月9日」の奥多摩FC大惨事以来の水量に達したようです!
あれを僕は経験しているだけに・・・今後状況がかなり気になっています。

木曜日のHPによれば・・・復旧までに9月末まで掛るそうです・・・!

230908senta.jpg
写真は9月8日

自然渓流を使用しているから仕方ないのですが、いや~困ったな・・・
でもanglerよりも事務所の方々が大変だと思います。

順調に復旧作業が進む事を願っています!
再開したら直に尋ねます!
category
釣り・フィッシング!

信州・上田に岩魚を求めて・・・! その2 多分・・・完結編(笑)!

実は、書いていたブログが何故か消滅・・・(涙)!

そんな訳で、また改めて書きます!

(前回のあらすじ)
信州・上田の支流を攻めて、地元の「岩魚」をまんまとGet!しようと思ったが、8月後半の憎い「秋雨前線」の影響により、狙っていた支流は増水!Native岩魚もうだめか・・・!?
と思われた所に、ホテル側から「地の岩魚」を提供されて浮かれてBBQをする自分です・・・(笑)!

1 (46)
とりあえず、地の物の「信州地鶏」と一緒に「岩魚」をジックリと焼きあげます・・・!

岩魚は「皮と骨がミソ!」って聞いた事がありましたので、丹念に焼き上げました。

1 (47)
良い感じではないでしょうか・・・!?

待つ事、およそ30分近く・・・
アツアツの岩魚をそっと口に運び堪能すると・・・

美味い~~~~~!
岩魚って本当に美味しいんだ~~~~~!
と叫びながら、ガツガツ食しました(爆)!

通だったら、日本酒が良いのでしょうが、とりあえず手元にあったビール飲みながら味わいました(笑)!

マジで「美味い~!」

多分、自分で実際に釣っていたら、この魚達よりも100倍近く味わえたのでは(笑)!?
とか釣る事が出来なかった願望を心に滲ませながらバクバク食べました(笑)!

さて、その後最終日までですが、結局、支流の増水の状況は緩和せず釣りは出来ませんでした(涙)!
でも、また何時の日か、天然岩魚を攻めてみたい!
と思う気持ちも同時に起きて、今度来る日まで~!と最終日に別れをしてきた信州の旅でした!

少しだけ・・・続くかも知れません(笑)!
category
釣り・フィッシング!