Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ステキな金縛り

公開初日に足を運んできました、三谷幸喜最新作映画・・・

「ステキな金縛り」

198.jpg

映画の半券・・・ちょっとボロボロになったのですが(笑)。

ハッキリ言って面白かったです!
自分の中での三谷幸喜映画でTop3に入ると思っています。

上映された場所は・・・
吉祥寺の余り大きくない映画館(笑)。初めて行ったのですが、超満員でした!
出来れば・・・王様のレストラン組をもっと使って欲しかった!
でも、共演者を見れば・・・いや、それだけでも、凄いキャスティングだなぁ~って感心していました。

そして、1番感動したシーンは・・・
落ち武者が主人公に「自分を信じないで、誰が貴女自身を信じるんですか?」

こ・・・これは・・・王様のレストランで千石さんがオーナーの兄、範友に叱咤激励した時に発した言葉~!
三谷幸喜~!やってくれた~!!もう、星5つ☆☆☆☆☆!
この台詞に気が付いた人は少ないかも知れませんが、僕は1人でジ~ンと感動していました(笑)!

もう1度観たくなる作品だと素直に思いました。
内容は色んなところで書かれてあると思いますので、敢えて触れませんが、個人的には今年1番の映画!
だと思っています。是非、映画館に足を運んでみて欲しい1本です・・・!
スポンサーサイト
category
SF、映画・・・それは、最後のフロンティア!

奥多摩FC 惨敗・・・!

昨日、台風後の奥多摩FCに出陣してきました。

結果は・・・近年稀にみる・・・「惨敗」となりました・・・(号泣)!


231007senta2_20111029100928.jpg
想像以上の濁りに・・・大苦戦・・・!


昨日は朝から何時もと違っていました。
イチローじゃないけど、奥多摩FCに行く朝はいつも自分なりの「Routine」があります。
決まったコンビニで朝件昼ごはんを買う。そして何時もの電車の席に座り、御岳に着いて奥多摩FCまで歩く。
何気ない行動なのですが、昨日はこれが全く違っていました。
決まったコンビニでご飯買ったのですが、それが若干違うお弁当。
まあ、それは時としてあるけど、寒さが強いのでソバを買いました。それを青梅で食べた・・・。
今までいくら寒くても麺類等は一切買わない。それが何時もの自分。
電車に乗ると、何時もの席が埋まっている・・・これも時々あるけど、そう滅多にはない。
そして、御岳に着いて又もやコンビニへ・・・何時もは行かない。

まず、寒さに負けました・・・結局は自分の読みの甘さからきた、何時もと違う「Routine」・・・。
そして、この読みの甘さは釣りの釣果にも比例しました・・・。

16尾・・・ありえない結果です・・・。
しかも、このうちの半分は取り込みの最中にネットごと川に流されてしまいました・・・。
最後までkeep出来たのはその半分・・・。

これも自分の読みの甘さです・・・。

台風後の奥多摩FC。川の色もさることながら、川底、足場と以前とは大きく変化していました。
HP見ると、その辺は書いてないのですが、実際に釣行してみると・・・差は前回とは歴然です・・・!

川の色変化は想像以上に悪く、ルアーの位置を認識できません。
魚は側線で水流の動きをキャッチしてアタックしてくるのも事実ですが、色も大きく作用します。
流れが速いために、中々ラインで当りを取る事はままならないです。もっとも、流水系でラインの動きからアタリを取るのは至難の業ですが・・・。
ルアーローテーが確定できないので、パターンがつかめないままの終了となりました・・・。

そして、川底の大きな変化・・・!
事務所の方々に聞くと、どうやら大きな大木がゴロゴロと流れ込んでいるとの事でした。
滅多にルアーロストはしないのですが、昨日は歴戦の猛者が・・・4つ逝きました・・・(号泣)!
クランク系は怖くて投げれないのですが、それでもスプーンにアタリが全くなかったので、投げると・・・
上記のようにロスト・・・スプーン×・・・クランク・・・ロスト・・・の悪循環・・・。

そして、足場が悪いので、バラシの連発!
厳密には、足場が柔らかすぎかつ、傾斜が急なので取り込みの最中に砂に足がめり込み、ラインテンションが抜けフックが外れる・・・今までなかった現象です。と言うか初めてです。
おまけに、ネットにキープしていた魚達も、紐を石で縛っていたのですが、足場が柔らかいので、ランディングの最中の影響でその石が抜けてしまい、気が付けば流れる始末・・・。

本当に今まで行った中で、自分にとっては最低最悪の1日となりました・・・!
本来だったら、書かないでおこうと思ったのですが、自分のとっての戒めとして書き残しておこう。
そう思いUpしました・・・。

釣果に事務のおじさん達もビックリしていたのですが「商売あがったりから解放されたよ」と笑われました。
これには僕も苦笑です・・・。

「Routine」の大切さを思い出し、そして自分のツメの甘さを認識させられる、苦い苦い1日でした・・・。
次回は色んな意味で勉強になったので、リベンジを果たしたいです・・・!

category
釣り・フィッシング!

サバ戦争~The Mackerel War~

かなり気になるニュースがあります・・・

「サバ戦争」で日本の食卓からサバが消える?


Maquereaux_etal.jpg



『北欧で勃発した「サバ戦争」で日本の食卓からサバが消える?』

北欧で起こっている「サバ戦争」で、近い将来日本の食卓からサバが消える事態が懸念されている。

 サバをめぐって争っているのはノルウェーとアイスランドだ。そもそもノルウェーは、北海サバの年間漁獲量60万トンのほとんどを占める「サバ大国」だ。

 ところが、近年の地球温暖化の影響で、サバが回遊する海域が変わり始めた。サバは寒流を好むため、水温の上昇を嫌い徐々に北上し、ノルウェーの排他的経済水域(EEZ:国際的に自由な漁獲が許されている自国の水域)から、相当量がアイスランドのEEZに移ってしまった。

 豊富なサバの漁場を手に入れたアイスランドは、ここぞとばかりにサバを捕りまくる。2003年以前にはアイスランドのサバの水揚げ量はほとんどなかったのが、10年には11万トンにまで伸びた。濡れ手に粟である。

 ノルウェーにとってこの事態は二重の意味で深刻だった。漁場が小さくなってしまったことに加えて、アイスランドの乱獲によってサバの数が減り、漁獲量がさらに減少する懸念があるからだ。

 世界最大の漁業大国であるノルウェーは、体長が大きく脂の乗った魚を捕るため、厳しい漁獲管理制度を敷いていることで知られる。幼魚や産卵前のメスを捕ることを制限して全体の漁獲量の管理を行い、違反には厳しい罰則を課す。こうすることで魚資源を守り、漁獲される魚の価値を上げる取り組みをしてきた。こうして育ててきた資源を他国に乱獲されることになったのだから、ノルウェーとしてはたまったものではない。

 この事態に慌てたのはノルウェーばかりではない。国内で消費されるサバの90%をノルウェーからの輸入に依存している日本でも動揺が広がっている。ノルウェーの漁獲量が減少すれば、日本への輸出も当然減ることになり、それは価格に跳ね返るからだ。すでに、サバを消費する市場が日本以外にも増えていることもあり、ノルウェーサバの買付け価格は前年比で10%程度高くなっている。

 現在は円高のため、為替差益で価格上昇分は相殺されており、末端の小売価格に影響するまでには至っていない。だが、「今後もし円安になり、さらに乱獲によるノルウェーのサバ資源枯渇が深刻になれば、価格が高騰し日本がサバを買えない可能性も高くなる」と水産関係者は危惧する。

 ノルウェーも手をこまねいていたわけではない。アイスランドに対し、共同での漁獲量の上限枠を設けることを提案したが、交渉は決裂。アイスランドは自国で独自に15万トンの漁獲枠を設けてサバを獲り続けている。さらに、アイスランドの尻馬に乗って、近隣のフェロー諸島も同様に約15万トンの漁獲枠を設け、サバを獲りまくっている。

 事態の打開を目指し、ノルウェー、EU、アイスランド、フェロー諸島の4ヵ国で、10月17日に協議が行われることになっているが、アイスランドやフェロー諸島が譲歩する見込みは薄い。

 じつは、かつて日本も「サバ大国」だった。代表的な魚種である太平洋マサバは約30年前は150万トン捕れていたのだ。しかし乱獲によって09年には13万トンまで激減。現在、ゴマサバなど他の魚種と合わせて計40万トン余りが水揚げされるものの、そのほとんどはまだ脂の乗っていない魚齢0~1歳の魚のため、食用には向かず、飼料用として輸出されているのが現状だ。

 時ならぬ北欧のサバ戦争の勃発で、日本はかつての乱獲のツケを払う羽目になるかもしれない。

~原文そのままま抜粋~
News from Diamond On-Line .Oct.14.2011

なるほど・・・これは、ちょっと注目したくなるニュースです。
その昔、北海では乱獲のためにスケソウダラとカレイの漁獲が減少して大問題となっています。
サバも漁業規制して、守ってくれないでしょうか?

水産資源はきちんと保護してやれば、持続可能なものが殆どです。
何とか国と国が経済の事ばかり優先するのではなくて、将来の事を考えて是非とも早急な対策を実施してほしいです・・・!
category
釣り・フィッシング!

復活!奥多摩FC

いや~遂に、遂に奥多摩FCの運営が再開されました・・・!

231007senta2.jpg
上流のダムの放水後・・・チョッと濁りが厳しいか・・・!?

一昨日の10/8より奥多摩FCは再開しました!
いや~今回は台風2連発&増水だったので、もうそれはそれは大変だったと思います。
通常ならば、台風2連発でも、奥多摩FCが壊滅的なダメージを受けて無ければもう少し早い再開だったと思うのですが、上流のダムがかなり影響を受けていたので、その後の「ダム放水」で事態が深刻化したのが運営再スタートまでに時間が掛った理由だと考えられます。

個人的に、一時は「最悪・・・閉鎖かな・・・!?」とか良からぬ事を考えたのですが、でも何とか無事に再運営!ホッとしています・・・!

ただ、気になる点は「河川の濁り」!
う~ん~、しばらくはサイトの釣りは難しそうですが、それこそ腕の見せ所!
次回、訪れるのが・・・楽しみです・・・!
category
釣り・フィッシング!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。