Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

明智光秀

「明智光秀」って言えば、思い浮かべるのは「本能寺の変」ではないでしょうか。

Akechi_Mituhide.jpg
有名な「明智光秀」の肖像画

でも、明智光秀の子孫がこんな事を言ったそうです。

「本能寺の変」真相を明智光秀の子孫が解説 「日本中が秀吉に騙されている」

29日放送の「ゴロウ・デラックス」(TBS系)に明智光秀の子孫で作家の明智憲三郎氏が出演し、本能寺の変の「真相」を語った。

この日、ゲストとして出演した明智氏は、もともと三菱電機でシステムエンジニアをしていたが、50年にわたり独自に本能寺の変を調べてきたという。

明智氏は、信長を暗殺したとされる明智光秀の子孫ということで、自分を「明智」と紹介するのも「辛くて辛くてしょうがない時代」を送ったが、光秀が恨みつらみで殺した通説を「本当だろうか」と不思議に思い、真実が知りたい一心で光秀について調べつづけたのだという。

本能寺の変については、光秀が信長の厳しい仕打ちを恨んでいたため、本能寺の警戒が薄かったことにつけ込んで暗殺した、とするのが現在での通説となっている。

しかし、番組では、通説とはまったく異なる明智氏が主張する本能寺の変の「真実」が明智氏の著書「本能寺の変431年目の真実」にもとづいて紹介された。

明智氏の主張では、信長はかねてより徳川家康を危険人物と見なしていた。そして、信長が家康を本能寺におびき寄せてから暗殺するよう、光秀に命じていたのだという。

というのも、本能寺の変の当時、家康は本能寺に向かって上洛している最中であったとの記録が残っており、また、光秀の家臣が記した記録にも本能寺に行くのは家康を討ちに行くのかと思っていたとの記載がある。

しかし、「イエズス会日本年報」には信長が中国を征服するという野望を持っていたとの記録がある。光秀が中国への侵攻を命ぜられれば、最悪の場合、明智一族が滅亡してしまうことも考えられる。明智氏は、光秀は中国行きとなるか、謀反を起こすかのどちらかを選ばざるをえない状況だったと指摘した。

そして、そうした危機を感じた光秀は、信長が家康を討とうとしていることを家康本人に伝え、光秀は家康と信長を暗殺することで協力関係を結んだのではないかと説明した。

またスペインの貿易商人アビラ・ヒロンが記した「日本王国記」に、信長が本能寺での最後の言葉は「わしは自ら死を招いた」と書かれていることも、明智氏の説の正しさを証明しているという。つまり、自ら仕掛けた家康の暗殺計画によって信長自身が暗殺されたということだ。

また、本能寺の変を予想していた秀吉は「中国大返し」で長距離を短時間で移動し、山崎の戦いで光秀を討っている。その後、秀吉は自らの正当性を主張すべく、「光秀が恨んで信長を殺した」と、本能寺の変のわずか4か月後に歴史書を書かせた。秀吉は信長を裏切った光秀を成敗した武将として、権力者の地位に収まったのだ。

これについて、明智氏は「日本中が430年前の秀吉に騙されている」と述べた。

明智氏の説明を受けた外山恵理アナウンサーは秀吉について「嫌なやつ」とひと言。ドラマ「信長のシェフ」で明智光秀役を演じている稲垣吾郎も光秀に思い入れがあるようで、終始「へえ」「はあ」と驚きを隠せない様子だった。

なお、明智氏は10年ほど前から信長の子孫である織田家の人との付き合いがあると語っている。

~原文そのまま抜粋~

2014.Aug.30 news from livedoor topic news

結構、面白いです。
個人的に「明智光秀」は興味があるので(信長の野望で家臣として大活躍してくれたので(笑))、チョコチョコ調べていたんですね。すると大変面白いHPがあるのを以前から発見してました。現在はこのサイト何故か無いのですが、記事は残っているのでそのURLを貼ってみます。

http://www.geocities.jp/syutendoji28110/mitsuhide072.htm
この「本城惣右衛門覚書」は今までの「本能寺の変」とは大きく違います!
最初、このHPを見たときは「おぉぉぉ~!」って感じになりました(笑)。
HPの「Next」をクリックしていけば、光秀の謎に迫ることが出来る秀逸のHPです!
「天海大僧正」や「埋蔵金伝説」や「光秀生存説」と個人的には面白い!

釣りをやらないと・・・歴史に惹かれます(笑)!
スポンサーサイト
category
未分類

ガラパゴスゾウガメ 「伝道者 ぺぺ」

ガラパゴス諸島には興味があります。
今日はガラパゴスに関連する記事をUpしたいと思います。

「ガラパゴス諸島の名物ゾウガメ「伝道者ペペ」、60歳で死す」

エクアドルのガラパゴス諸島(Galapagos Islands)で最もひんぱんに撮影された野生動物の一つとして有名になったゾウガメ「伝道者ペペ(Pepe the Missionary)」が、60歳で死んだ。関係者らが22日明らかにした。

img_f7439f.jpg

ガラパゴス国立公園(Galapagos National Park)の生態系担当幹部のビクトル・カリオン(Victor Carrion)氏は、インタープリテーション・センターの柵内に生息していたペペは老衰で死亡したと語った。

 また、同国立公園理事長のアルトゥロ・イスリエタ(Arturo Izurieta)氏は短文投稿サイトのツィッター(Twitter)に「60年生きた伝道者ペペは、わたしたちの記憶に永遠に残るだろう」と投稿。その上でペペと同じ種のゾウガメに絶滅の危機はないと述べ、自然保護に取り組んでいる人々を安心させた。

 ペペは、イサベラ(Isabela)島のウォルフ火山(Wolf Volcano)原産のベックゾウガメ(Chelonoidis becki)。原産地の現在の生息数は約2000頭とされる。

 ペペは1940年代にサンクリストバル(San Cristobal)島で、ある一家によって保護された。最初に地元の漁師から「ペペ」と名付けられ、その後1967年同島のフランスシスコ会修道士らの手に渡り、名前が「修道士ペペ」と長くなった。修道士らのマスコットとなり、村のペットとして愛されたペペは、修道士らのもとを訪れる人々によって何度も写真に撮影されたり、えさをもらったりしていた。

 修道士らは2012年にペペをガラパゴス国立公園に引き渡した。この年、同国立公園ではガラパゴスゾウガメの亜種ピンタゾウガメ(Geochelone nigra abingdoni)の最後の一匹として有名だった「ロンサム・ジョージ(Lonesome George、独りぼっちのジョージ)」が死んだ。

 ガラパゴス諸島は、その独自の動植物が、進化論を提唱したチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)によって研究されたことで知られる。

~原文そのまま抜粋~
.2014.Aug.24 News from AFPBB News

「ロンサム・ジョージ」が有名だったのですが、「ペペ」も実は有名だったのでした。
記事では「60歳で死す」と書いているので、60歳だったんだぁ~、って思われるかもしれませんが、多分なのですが、
「保護されてから60年目」に亡くなったのでは?って思います。

それは、さて置き、何か考えさせられる話題だなぁ~って思いました。
category
未分類

久し振りの・・・アングリングファン

かなり、久し振りにアングリングファンを購入しました。

007_20140807121403ce7.jpg

いや~、王様も久し振りに拝見(笑)!
何で購入したかといえば・・・「乗せ」と「掛け」について書いてあったからです。

意外と面白かったなぁ~って思いました。
個人的にはストリーム系での話も入れて欲しかったなぁ~って思うのも事実ですが、参考になりました。
奥多摩FCがメインなので、僕は基本的には「乗せ」だと思いますが、場合によっては「掛け」になる時もあります。

でも、ほとんどが「乗せ」中心の展開です。
ストリームで「掛け」メインの人達のテクニックも知りたいなぁ~って思うのも事実です。

たまに、釣り雑誌購入も良いものですね!
category
釣り・フィッシング!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。