Entry Navigation

地震前の動物の異常行動

へぇ~、と思える記事があったので、とりあえずメモ的に残してみます。

「地震前の「動物の異常行動」が遂に解明! 地震の8日前にネズミは姿を消す!?」

昔からナマズやネズミなどが不穏な動きを見せるのは地震が起る兆候だという話はまことしやかに伝えられている。これはある種の動物だけが持つ神秘的な予知能力なのか? あるいは人間には感知できない自然環境の変異に対する反応なのか? ――地震前に見せる動物たちの行動に今回、世界で初めて科学者のメスが入った。

■地震の8日前にネズミの姿が消えた!

 英アングリア・ラスキン大学のレイチェル・グラント博士、SETIのフリードマン・フロインド教授、ブラジルの地震研究機関(CRAAM)のジャン・ピエール・ロウリン教授らの研究チームが先頃「Physics and Chemistry of the Earth」に発表した論文は、大地震の前に起った動物たちの行動の変化を解説している。

 分析の対象となったのは、南米・ペルーの「ヤナチャガ・チェミレン国立公園」の各所に設置された動体検知カメラ(motion-triggered camera)が2011年に記録した貴重な映像の数々である。

 2011年の8月24日にペルーのコンタマナでマグニチュード7.0の大きな地震が起っており、その地震の前にこのチェミレン国立公園の動物(鳥類を含む)たちが普段とは違う行動をとっていたことが、これらの映像を分析することにより判明したのだ。

 動物たちの動きに最大の変化が見られたのが、地震の日から23日前の8月1日だったという。この日は自然公園内の動物たちの慌しく移動する姿がそれぞれのカメラに5件から15件ほど記録されたということだ。

 次に動物たちが活発に動く姿が確認されたのは地震の8日前の8月16日で、なんとこの日を境に地震後もしばらくは山ネズミなどのげっ歯動物は付近から完全に姿を消してしまったという。この2つの"大移動日"の間(8月2日から15日)は、不思議なことにそれほど動物たちの移動は活発ではなく、この期間中に各カメラが捉えた動物の姿は5件以下程度であったということだ。

 そして驚くべきは、地震の直前の1週間の間はカメラに検知される動物の姿は激減し、7日間のうち5日間はどのカメラにもまったく動物の姿が収められていなかったという。これはいったい何を意味しているのか......。

■"大移動"の引き金は「セロトニン症候群」だった!? 

 これらの動物たちの映像を分析する一方で、研究チームは震源地の周囲で記録されたVLF(超低周波)電波データも解析し、動物たちの行動と関連づける試みを行なった。

 当時のVLF電波のデータを調べていくうちに、地震の2週間前から空中のイオンと自由電子(free electrons)の増加が認められ電波に影響を及ぼしていたことから、現地上空のイオン圏に乱れが生じていたことが突き止められたのだ。イオン層に特に大きな乱れが生じていたのが地震の8日前の8月16日で、これは動物たちの2番目の"大移動日"と重なるのだ。

 地球を覆う成層圏の上部にあるイオン層の乱れはそもそもどうして起るのか? それは地震の前に起る地殻変動で地表から大量に放出される陽イオン(positive ions)に起因すると考えられている。そして大気中に増えた陽イオンは人間を含め動物たちに多大なストレスを与えて異常な行動へと駆り立てるということだ。

 その典型が「セロトニン症候群(serotonin syndrome)」と呼ばれるもので、陽イオンの影響で血中で増加したセロトニンにより、落ち着きを失う、興奮する、じっとしていられない、思考と行動が混乱するなどの症状が現れるということだ。そしてこの症状が、動物たちの"大移動"の説明になると研究チームは解釈している。また、起伏に富む国立公園内の標高900m付近に設置されていた動体検知カメラから動物たちの姿が消えたのは、動物たちが陽イオンの濃度が薄い低地へ移動したためであるということだ。地震前の動物たちの異常な行動は決して神秘的な"予知能力"ではなかったということが、今回の研究から導き出されるかたちとなった。

■短期地震予測に大きな希望

 もちろん陽イオンによるセロトニン症候群は人間にも起りうるのだが、残念ながらやはり人間は感受性がかなり鈍っているのか、若干の体長の異変に気づいたとしてもそれが地震の前兆であるとは思えないだろう。そもそもほとんどの人間は社会生活を送っているため、急な"大移動"も極めて難しい。

 その点、動物たちは異変に気づけば躊躇なく"大移動"することが確認されたことになる。「(ネズミなどの)げっ歯類は"超高感度"な生物なんです」と研究チームのグランド教授は「Daily Mail」の取材で言及している。そしてネズミの行動を地震予測の指標にするという昔からの知見は正しいことが証明されることにもなった。

 研究はこの後、地震前に起きる動物たちの行動をより詳細に分析し、実際の短期地震予測に応用できる可能性を追求する段階に進むということだ。当たらないことで有名な(!?)地震学による地震予測だが、全く別の分野から地震を予測できる可能性が見えてきたのは社会にとって大きな希望になることは確かだ。
~原文そのまま抜粋~

News from TOCANA Apr.6.2015

なるほど~、面白い!
昔、地震はナマズよりもウナギの方が敏感!って記事を読んだ事あるのですが、成る程、セロトニンが関わっていたとは知らなかったです。
因みに、最近はナマズをルアーで釣るのも流行っているそうです(笑)!
スポンサーサイト
category
未分類

GACKT、パリのホテルで人種差別に遭う?

GACKTとが体験した、この話は興味深いです。

「GACKT、パリのホテルで人種差別に遭う?」

ミュージシャンのGACKTさん(41)が2015年3月30日、パリのホテルビュッフェで露骨な人種差別に遭った、と「ブログマガジン」で明かした。
着席を拒否された席に白人が次々座っていく。気が付くとGACKTさんの周りは、ほぼ中国人と韓国人でパンパン、というあからさまなやり方だった。

■自分の周りは「ボクをのぞくとほぼ中国人と韓国人でパンパン」

 29日夜、パリにある空港近くのホテルで1泊したGACKTさん。翌朝、朝食を取ろうと1人でホテル内のビュッフェに入った。

 自分以外に客はいなかったため入り口近くの席に座ろうとすると、慌てた様子で駆け付けた店員に奥の席へ座るよう促されたという。「ここに座るな…みたいな感じ」「外の景色が見たかったボクからしたら入り口の景色が見える席が良かったな…とは思ったんだけれどな」と振り返る。

 促されるままに奥の席へ座った後、白人客がやってきた。彼らはGACKTさんが着席を拒否された席に次々座っていく。

 「あれ? あの席…駄目だったんじゃなかったっけな…」と不快感をにじませながらもここは静観することに。

 次にアジア人客がやってきた。この後、GACKTさんは店員の取った行動に仰天する。

 なんと、店員は入り口近くの席に座ろうとした彼らに、自分を指さしながら「そこには座るな、こっちに座れと指示をしてる」。

 そして、10分も経たないうちに入ってきた中国人の団体客は「全員がことごとく、奥の席に無理矢理通されて所狭しとドンドン座っていって」、気がつけば自分の周りは「ボクを覗くとほぼ中国人と韓国人でパンパンになった」「もう座席は一杯だ。相席もほぼ出来ない」(原文ママ)という。

 アジア人で埋め尽くされたGACKTさん近くの席だが、店員は次に入ってきたアジア人客に、なおも「向こうに座れ」と注意したのだという。

 GACKTさんはそんな状況を「ものすごく分かり易い差別だよ。まあ、彼らからしたら差別も区別も大した差はないんだろうが」と分析する。

 「むかし、南アフリカのアパルトヘイトやアメリカの奴隷制度があった時代に黒人が入れないBARや店が多々あったり、電車の車両も空いてる白人車両と、ダダ混みの黒人車両の映像を映画では何度も見ていたし、知識としてはもちろん、知っていた」が、「まさか、自分がこんな風にあからさまに差別を受けるとは思っても見なかった」「どの国に行っても、アジア人は未だに差別を受けることがある。昔、20年前にフランスに来た頃はその差別も本当に酷かった。アジア人に対する扱いがあからさまに酷かった。ここ最近になってマシにはなってきていたが。こんな風に未だに残ってるんだな…と思うと笑いが止まらなくてな」と驚きを隠せない様子で綴っている。

いったん店を出て、着席拒否された入り口近くの席に再度座ると

 しかし、じっくり静観しているだけのGACKTさんではなかった。いったん店を出て、着席を拒否された入り口近くの席に再度座った。

 すると店員がやってきて先ほどと同じように奥の席へ座るよう注意を促した。

 ここで「なんでだ? 分かり易いように説明してくれ」とフランス語で質問したのだという。口ごもる店員を「大きい声で、わかりやすく言ってくれ」と問い詰めると、「諦めたのか向こうに行って他の店員となにやらボクを見ながら話していた」という。

 GACKTさんは「彼らには彼らの言い分があるんだろう」と店員の行動に一定の理解を示しつつ、「ボクだってマナーのない中国人の団体客を見ると、ガッカリすることだって多い」「空港のエレベーターを待ってると、中国人の団体客は並んでいることなんて全く無視して、扉が開いた瞬間に我先にと飛び込んでくるヤツも多い」と中国人観光客のマナーの悪さにも言及した。日本人に対しても「マナーのないヤツが多いだろ?国の問題じゃない」とクギを刺した。

 最後に、

  「もちろん、差別や区別が良いとは思わない。でもな、世の中はいつも差別する側に問題の焦点を当てることが多いが、される側にもそれ相応の問題が必ず存在するってことをみんな解ってるはずなのに触れないだろ?それじゃ、根本的に何も解決しないんだよ」

と冷静に分析して見せた。 ~原文そのまま抜粋~

Mar.31.2015 News from J-Cast

いや、よく書いてくれたなぁ~ってのが正直な感想でした。
アメリカで生活してた時も、時々僕も体験したことがありました。
ヨーロッパでは空港で1回だけ受けた事があります。
当然、その時は毅然と立ち振る舞いました。するとGACKTが体験した様な雰囲気になりましたね。

GACKT、チャラチャラしてそうなイメージがあったけど、意外な一面があり見直しました(笑)!
category
旅・旅・旅!