fc2ブログ

ヨーロッパ釣り紀行 バルト海でタラ釣り編 Part1

8月2日、早朝の朝4:30分に起きて港町で有名なウェバ(LEBA)に先週から予約していた「タラ釣り船」に乗せてもらうために車で現地に向かいました。

そもそも、タラなんか釣った事ないし、道具を何を揃えて良いのかさえ分からないのに予約(笑)!
しかも、船の中では全員がポーランド人!因みにこの船は観光客向けの船ではなくて、現地の人かしか使わない船です。ようするに、常連のお客さんばかり!

先週末から船長に直接電話して何を揃えて来れば良いのか?
聞いても返事は「何もいらないから、直接船まで時間通りに来い!」との威勢のいい感じ(笑)。

取り合えず港に付いて集合場所に泊まっていたのは意外と小さな船でした。

P8020179_convert_20080803060503[1]
「兄弟船」を思い出すような感じ(まあ常連さん専用なので)!

しかし、常連さん達は凄い装備でまさしく「漁に出る!」みたいな気合が入っている人達ばかり!
とりあえず、船長しか英語が話せないので船に乗船し、船長を待つこと10分位。
とりあえずその間に自分の持ち場を決めるけど、船長よりも先に来ている、寡黙な海の乗務員のオジサンの雰囲気に圧倒されっぱなしでした(笑)。
全く笑おうともしない、仕事を黙々とこなしているオジサンが後から救いの神になろうとは!

P8020186_convert_20080803060945[1]
スーパーマリオに似ているけどかなり頼りになった「ヤネックおじさん」

勝手が全然分からないので、戸惑っていると陽気な船長が現れました!
「今から1~2時間ほど船を走らせて沖に出てから釣る!その時に竿とかリールやルアー貸してつり方教えて上げるから安心しな!」とニヤリ笑って船は港を出てポイントに直行!
しかし、天気予想通りに一時的にかなり強い雨・・・!

小さな船なので風と波に煽られて揺れる揺れる(笑)!
とりあえず、船長が居る部屋に入れたのでそこで雨を凌ぎながら色んな話を聞く予定でしたが、
船長は他の常連のお客さん達と談笑!ヤネックおじさんは、やはり黙々と仕事こなしながら独特のオーラをだしている(笑)!

果たして「バルト海でタラ釣り」は成功するのか!?

~バルト海でタラ釣り編 Part2へ続く ~
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/133-a1a9cb1d