fc2ブログ

「記録に残す」大切さ

随分と奥多摩FCにも通っています。

最初の頃は「行く→釣る→喜ぶ→帰宅」のパターンが多かったのですが、フッとした切っ掛けから、
このパターンが変わりました。

「行く→釣る→喜ぶ(又は悩む)→帰宅→記録(大抵は帰宅途中に記録)」のパターンです。
この「記録」には大きく分けると、デジタル式とアナログ式があります。

デジタル式は主に印象に残った魚体等を写します(車で行ったらGPS等を使用して道の記録等もありですね。もっぱら手のひらサイズのGPSも販売していますが)。

ですが今回の「記録に残す」はアナログ式の話です。
人間の記憶は曖昧な物で、10日前のあのエリアの釣り。この間はあのポイントで、あの色のルアーで爆釣だったなぁ~・・・
と言った様に日にちが経てば経つほどぼやけて来ます。
しかし、これを防ぐ事は意外と出来ます。

それは、ノート(紙)に書いてみることです。文字を書かなくても絵だけでも構わないと思います。
大きさは人それぞれの好みがあるので、何とも言えませんが、手の平サイズが便利かなぁ~と思います。

Image191.jpg
縦見開きの物が個人的には好きです

\100Shopに行けば、簡単に揃える事も出来てリーズナブルです。
理想は耐水紙の物が良いんでしょうが、まぁ、それはそれで(笑)。

書く内容とすれば、これまた好みがあるのですが、
・釣行日、天気、気温(水温・気圧も分ればbetter)
・エリアの状況
・良く釣れたポイント(簡単なエリアの略図でも)
・その日のヒットルアー又は逆に釣れなかったルアー
・気になる事・・・等等

と書いたのですが、書き方は自由です!後から見返した時に自分が分ればOKです!
デジタルで残すのもありですが、アナログだと、何気ない、チョッとした文字や記号、そして絵などを見返したときに、それらを書いた時の鮮明な状況が甦るのはアナログの強みだと思います。

釣行が終わってから直に記録に残す事をお勧めしたいと思います!
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/197-4a812cc0