fc2ブログ

今年最後の奥多摩FC

昨日は今年最後の奥多摩FCに出撃してきました!

が、出だしから大苦戦が続きました・・・それは「パターン」が先月とまったく違っていました。
一気に寒くなったせいか、魚達のコンディションが全く上がりません。
ストリーム全体のトラウト達が全くと言ってよいほど活性が上がらなかったのです。

ルアーのカラーもオレ金系が出だしからノリが悪く、地味系で攻めるパターンと何時もと全く違う状況。
気温は氷点下1℃~2℃(午前7時半位に計測)、天気は快晴だったのですがエリアに日が差し込むには時間がまだまだある状況。

とりあえず、太陽がエリアを照らし始める頃からが勝負かなぁ~と思い、凍ったロッドを時々溶かしながらの釣行が始まりました。

最初に釣り始めた場所は全くと言って良いほど釣れなかったので、場所を下流域に変えてからです。
ここから、大苦戦から一転、不思議な現象が始まりました。
それは、何故か一気に釣れ始めたのです。

先程「オレ金系がダメ→地味系にチェンジ」と書いたのですが、場所を変えたので取りあえずオレ金系からまたスタートしてみると・・・「1投げ1Hit!」位の(チョッと大袈裟ですが(笑))異様な高活性状況がスタート!

008 (2)
滅茶苦茶色が本当に鮮やかなニジマス!もう何でこんなに綺麗になれるの・・・!?

投げるカラーをオレ金系を中心にローテーションを組むと、それが見事に的中(この辺りは次回書いてみたいと思います)!気が付けば放流時間、しかも・・・昨日は大きな物ばかりを放流してくれました(笑)!

大物放流魚達を観察していると・・・水になじむまでに大体5分ほど位です。
大きいので、魚体がしっかりと確認できます。彼等彼女達がルアーを追いかけ始めると・・・
それはもう凄いです!今までいた魚達の活性も一気に上昇して今までに経験した事ないプライムタイムに突入!
放流された大物達以外の小~中型まで、先を争うようにルアーにアタック!
因みに昨日はスプーンがメインでした。プラグ系はあまり見向きされなかったです。

気が付けば、放流されたメインの大物は全て釣ってしまったようで(笑)、今年最後の奥多摩FCを堪能しました。
釣った総数は35前後。それよりも・・・重くて重くて・・・総kgは9kg前後でした(笑)!
帰りのバックがはち切れんばかりの重さで、今も右肩肩甲骨辺りが痛く、昨日の猛者達の凄さを身をもって体験しています(笑)!

奥多摩FC、今年も有難う!また来年も宜しくお願いします!
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/304-40d66062