fc2ブログ

営業か自粛か・・・?

各エリアのHP等をみていると・・・

「営業賛成派 VS 自粛賛成派」の論争が起こっています・・・。
どちらの派もそれなりに筋通して論戦展開してます。

営業賛成派(概要:もちろん、以下の物ばかりではありません)
「こんな時期だからこそ一刻も日常生活に戻って精神的に落ち着きたい」
また「大規模なエリアにはレストラン等があるのでそちらを地域の方々が利用できるのも利点」

自粛賛成派
「エリアに行くガソリンがあったらそれを被災地域に回すことが先決」
「釣りに行けるのは被災していない方々。だったら釣りよりも先ずは率先して省エネや募金をやればよい!」

等などです・・・

どっちもどっちだと思うのですが、僕個人的にはこう考えています。

「エリアが一定期間、料金+被災地への義援金を上乗せした価格」
これで営業してみるのはどうか?と思います。
これだったら釣りも出来るし、被災地へも若干は貢献できるのではないでしょうか?

「エリアにはなるべく公共機関で行く」
計画停電等とかで動いていない公共機関も確かにあるのですが、出来たら車でガソリンを使用しないで電車やバス等を使用してエリアまでいく。遠回りですが、これも省エネに貢献しているのでは?と考えます。もちろん、車等が無いと行けないエリアもありますが・・・。

「慈善チャリティーフィッシングを開催する」
よくスポーツ界でもありますが、チャリティーフィッシングを開催するのはどうでしょうか?
毎年のように「みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらことば」とかやってるのを今やれる範囲で開催する。
入場料は全て義援金とする。一流アングラーが、ここぞとばかりに多数集結して色んなショーを行う。
ショップは出店してその売り上げの一部(流石に全部は無理だと思いますから)を義援金に回す。
こんなイベントを釣り業界の方々やって頂けると幸いです。しらことばは屋外なので沢山の電気は必要ないですしね。そこまで交通の便も悪い訳ではないので、これイケそうな企画だと思うのですが・・・。

各エリアも「無料でカレー提供」したり「給水無料」と地域の方々に貢献しています。
1人のアングラーとしては、今こそ釣り業界が業者間の柵を越えて大きく、そして強く団結してこの未曾有の震災に立ち向かい、色んな意味で貢献してほしい!と思っています。
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/335-2380ce8c