fc2ブログ

アイルワースのモナリザ

少し困った事になりました。

それは・・・「アイルワースのモナリザ」が先日ダヴィンチが画いた物として認められたのです。

111103_pic_09.jpg

てか、「アイルワースのモナリザ」って初めて知りました(笑)。

「<アイルワースのモナリザ>難しい鑑定 真贋以外にも価値」
「アイルワースのモナリザ」は、本当にレオナルド・ダビンチ(1452~1519年)が描いたのか。先月、「本物」とする鑑定結果が発表され、世界の関心が集まっている。「アイルワース」は一体どんな作品なのか。真贋(しんがん)論争が決着する日は来るのか。

 「アイルワースのモナリザ」は1913年、英ロンドン市西部のアイルワースで発見されたことから、研究者の間でこう呼ばれてきた。複数の所蔵家を経て、現在はスイスのチューリヒに本部を置くモナリザ財団が事実上管理する。先月27日に記者会見し、「若いモナリザを描いた作品」と発表したのも同財団で、公式サイトによると「アイルワース」の研究を推進するために設立され、銀行経営者が代表を務める。

 この絵は、昨年から今年にかけて静岡、福岡、東京を巡回した「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展(毎日新聞社など主催)で世界初公開されるまで、専門書の図版で知られる程度だった。縦84・5センチ、横65・7センチ。パリのルーブル美術館の「モナリザ」は縦77センチ、横53センチと小ぶりだが、左手に右手を重ねたポーズはほぼ同一だ。財団は、35年以上調査を続け、顔の比率や隠れた技術が同じ▽紫外線・赤外線調査や炭素年代測定などのテストで16世紀初頭の絵と確認できる、とした。

 一方、異論を唱える研究者も多い。ルーブル版がポプラの板に描かれているのに対し、キャンバスに描かれていることなどが指摘されている。財団は、ダビンチはキャンバスに強い関心を寄せ、布を描いた習作でも使用している、としている。

 もともと、ダビンチの「モナリザ」については、16世紀の画家・建築家バザーリが書いた「芸術家列伝」やドイツで発見された1503年の記録などを根拠に、複数の研究者が2点ある可能性を指摘していた。一人の画家が同じ題材を複数描くことは現代でもある。ダビンチが生きたルネサンス期に人気を得た絵画は、弟子が複製画をつくったり、後世の画家が模写したりすることもよくあり、鑑定は容易ではない。

 「美の理想」展は、ルーブル版「モナリザ」から生まれた女性像の広がりを紹介。「アイルワース」は作者を特定せず、ダビンチによる「1503年の未完成作説あり」と説明された。そのほか、後世の画家の模写や版画など、十数点の「モナリザ」が並んだ。

 美術作品の「真贋特定」は、いくつもの側面から検討される。描かれた様式や画材の検討はもちろん、どのような持ち主を経てきたかという「来歴」が重視される。長年の定説が、科学調査などで覆されることもある。

 圀府寺司(こうでらつかさ)・大阪大教授(西洋美術史)は、「美術作品の真贋はすべて、基本的に『灰色』。今回の件も、500~600年前の刑事事件の再審を現代に行うようなものだ」と指摘する。「日本では『伝雪舟』など、白黒付けないままにすることも多いが、西洋の場合、美術史上の判断がマーケットに直結するためどこかで線引きする必要が生じる。その結果、関係者の意向で『真筆』の範囲が変動することもある」と話す。

 「美の理想」展の日本側監修を務めたBunkamuraザ・ミュージアムのプロデューサー、木島俊介さんは「ルーブル版がそうであるように、後世の芸術家や文筆家の想像力を刺激し、未来へ何らかの意味を引き出すかどうかが絵画の価値。『アイルワース』はその可能性を持っている。ダビンチの真筆か否かという論議のみに話題を矮小(わいしょう)化させてはいけない」と語る。

~原文そのまま抜粋~

News from Mainichi Oct.6.2012


いやいや・・・どっちなの(笑)?

061_20120825204007.jpg
066_20120825204006.jpg
ルーブルの至宝 夏に撮ったモナリザ

でも、個人的には・・・ルーブル版だけがダヴィンチ自作であって欲しいのですが・・・
う~ん~でも、2つもありかな(笑)。

真贋難しいですね。
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/439-ef2c2cb5