fc2ブログ

大丹波川国際虹ます釣り場

3.11から2年

あの日から懸命の復旧作業が続く中、また復旧のおかげでこうして釣りもできるんだ。
との思いを胸に秘めて、奥多摩FCにリベンジ・・・!

の予定でしたが・・・心の中にわずかな迷いがありました。
それは・・・「奥多摩FCの状況が芳しくない」
色んな方からの情報により、また直接奥多摩FCに電話したりして聞いてみると・・・
ルアーマン達はいまいちの釣果とのことです・・・

時期を改めて再リベンジ!
または、ここは一発、ドカンと掛けてみるか・・・!?

電車の中で色んな思いが駆け巡ります・・・
そこでフッと思い出したのが、奥多摩FCの上流にある「大丹波川国際虹ます釣り場」
数年前に行ったことのある場所で、前日の煙霧&暑い日から一気に気温は急低下したこの日。
条件はどこ行ってもあまり代わらないので、だったらここは「大丹波川国際虹ます釣り場」に久し振りに釣行!
と御岳に着いてから急転直下で考えを変えていざ川井へ(笑)!

久し振りの川井駅。御岳から経った1駅。でもそこは・・・
0059 (7)
熊の生息地でもあります・・・!まだ冬眠中だと地元の方々が言っていましたが・・・チョッと怖い。

駅を降りて、直ぐに見えるのが・・・
0059 (6)
この陸橋です。この下はBBQ出来たりと何かと便利であります。

この陸橋を渡らずに、青梅街道を向かって右側に進むと目指す「大丹波川国際虹ます釣り場」はあります。
が・・・徒歩で行くと・・・約25分。
たったの25分かと思うかもしれませんが、これがUpDowonが続く意外と険しい道のりです。
でも、車もほとんどなく、悠々と?道路の真ん中歩けるので気持ちいです(笑)

道の脇にはこんな警告看板が・・・
0059 (5)
密漁・・・やっぱりいるのでしょうか?
絶対にやってほしくない行為です。

さて、道を歩いていると、車が数台追い越して行きます。
ドライバーは不思議そうに僕の顔を眺めながら通過します。
密猟者と思われたのでしょうか(笑)?

防寒対策バッチリしているので、歩くだけで汗だくだくです!
まだかなぁ~って思っていると・・・
見えてきました「大丹波川国際虹ます釣り場」!
0059 (4)
看板が綺麗になっている(笑)!

どうやら僕が1番のりみたいです。
と思ったら、ガヤガヤと初老の方々が登場!その数8名!
受付には僕は1番乗りだったんです(笑)。
初老グループの方々は、僕を見るなり「やっぱりここに来たんだね!」とか「言ってくれれば乗せたのに!」
と口々に言ってくれました(笑)。てか、声掛けて乗せてよ(笑)!

ルアーは僕1人だけで、後はみんな「エサ釣り師」。しかも常連ばっかりだとか(笑)。
ルアーの僕がどうやら珍しいようで、色んな質問をされました(笑)。
優しいおじさん達は帰りもしも時間が合えば駅まで送ってくれると(笑)!
洋の東西を問わず、釣り師達は優しい方ばかりです!

さて、時間になりました・・・・
久し振りの「大丹波川国際虹ます釣り場」は・・・こんな感じです。

0059 (3)

0059 (2)

もともとエサ釣り専門の川のために川幅・・・大変狭いです!
奥多摩FCの1/3~1/5くらいです!キャストに苦労します!
2000HGSの10ステラでは大苦戦しました・・・お奨めは1000のリールですね。
ギアはHでもLでもあまり差はないと感じます。

元々、竿師達が釣っていた場所を間借りする感じでルアーを投入するので、竿抜けポイントが目白押しです!
いないと思っていた滝つぼの中に、ポイっとキャストするだけで・・・いきなりアタリあります(笑)!
チョッとした渓流釣りみたいな感じで、川を逆行しながらの釣行です。

いればアタリますが、見切りも速いです!
数投キャストして見切られたら、魚影が見えていてもそのポイントは終了です。
時間を置くか、放流タイムに掛けるか!といったところでしょうか。

カラーの選択も重要です。しかもルアーの形も影響します。
今回、赤系に全くと言っていいほど反応を示しませんでした。
その反面、白っぽい色に好反応!特にゆっくりと巻ける、アンフェアのつぶあんシリーズは良かったです。
釣り師たちと話す機会があったので、その辺りを確認してみると、こんな答えが返ってきました。
「今日に限ってイクラは全くだめ。でもブドウ虫は好反応」
どうやら、この日はブトウ虫系のカラーが良かったのでしょう。しかもゆっくりと見せる動きが。
エサ釣り師たちのと会話も釣果の重要なファクターになってきますね。

この日は14時で終了を決めていました。
さて、結果のほうですが・・・
14尾!って言いたいのですが・・・肝心な7尾を痛恨の足元バラシを連発!!!
結果は7尾でしたが、満足できました。バラシは不満足でしたが(笑)

事務所に持っていて捌いて貰う時に、ルアーとしては良い方です。
と言われたので良かったです(笑)。
この日の最高は50尾以上!だったようです。流石、常連のえさ釣り師達です。
次回、伺う機会があれば、僕も負けずに頑張りたいとお思います!
スポンサーサイト



category
釣り・フィッシング!

Comment

Trackback

http://jorekjorek.blog115.fc2.com/tb.php/471-da4f1b17